【2015年】おすすめアカペラランキングベスト10!

気がつけば今年も残すところ、あと数時間となりましたね。
みなさんは、今年一年を振り返って、どうでしたかね?満足のいく一年でしたか?

さて、せっかくの機会ですので、今年のアカペラについても振り返ってみましょう。今年一年も、素晴らしい曲の数々が、リリースされてきました。
特に目立っていたのは、やはりPentatonixですかね。彼らの快進撃は、とどまることを知りません。彼らの4枚目のアルバム”Can’t Sleep Love”のプロモーションとか、相当な力の入れようでしたからね。
とは言え、アカペラの知名度は、いまだ発展途上であります。最近流行りつつあるから聴いてみよう!と思っても、何を聴けばよいかわからないという方も多いはずです。

そこで、今回は2015年にリリースされたアカペラ曲をランキング形式で紹介します。この曲を聴いておけば、間違いないというオススメ曲ばかりですので、ぜひとも参考にしてみて下さい。

2015年 おすすめアカペラランキング ベスト10

10位 Stay With Me by VoicePlay

第10位は、VoicePlayのアカペラカバー“Stay With Me”
世界トップレベルのアカペラグループ”VoicePlay”が、Sam Smithの名曲を声で完全再現。その美しい音色にやられること間違いありません。

9位 Honey, I’m Good by Home Free

第9位は、Home Freeのアカペラカバー”Honey, I’m Good”
Home Freeの雰囲気に絶妙にマッチしており、一度聴くとクセになります。Home FreeのマスコットことRobの歌声にも注目です。

8位 Stars by Pentatonix

8位は、Pentatonixのアカペラカバー”Stars”
この曲は、ブロードウェイのミュージカル”Finding Neverland”(邦題:ネバーランド)という作品で歌われている曲です。
Pentatonixの曲の中で、知名度は低いものの、その完成度は折り紙つきです。作品の世界観をきれいに再現しており、聴いているとワクワクしてしまう、そんな曲に仕上がっています。

7位 The First Noel by Pentatonix

7位は、Pentatonixのアカペラカバー”The First Noel”
日本でもおなじみのクリスマスソングをアカペラアレンジに。普段ベースを担当しているAviがリードを披露。曲の初っ端から放たれる壮大な演奏は、思わず聴き入ってしまうことでしょう。

6位 Elvira by Home Free feat. The Oak Ridge Boys

6位は、Home Freeのアカペラカバー”Elvira”
この曲では、なんと原曲を歌うThe Oak Ridge Boysと豪華共演を果たしています。普段にも増したハーモニーは、ついついノッってしまうような楽しい曲に仕上がっています。

5位 What We Ain’t Got by Home Free

5位は、Home Freeのアカペラカバー”What We Ain’t Got”
ほとんどがメロディのハモリで構成されたHome Freeにしては珍しいアレンジの曲です。一度聴いてしまえば、彼らの成す美しく繊細な音色の虜になっていることでしょう。

4位 Lean On by Pentatonix

4位は、Pentatonixのアカペラカバー”Lean On”
4枚目のアルバム”Can’t Sleep Love”に収録されている一曲。原曲もさることながら、彼らの歌うLean Onの完成度の高さには驚かされてしまいます。

3位 Sing by Pentatonix

3位は、Pentatonixのオリジナルアカペラソング”Sing”
この曲も”Can’t Sleep Love”に収録されている一曲です。そのアレンジは、まさしくPentatonixというような曲です。やはり、彼らはノリのよいPOPな曲調が抜群に似合いますね。

2位 The Phantom of the Opera by VoicePlay feat. Rachel Potter

2位は、VoicePlayのアカペラカバー” The Phantom of the Opera”
今年最も衝撃を受けた曲は、間違いなくこの曲でしょう。そのアレンジの技術、特にベースとパーカッションのアレンジは、もはや右に出るものがいないほどの完成度を誇ります。
2015年で、絶対に押えておきたい一曲です。

1位 Cracked by Pentatonix

1位は、Pentatonixのオリジナルアカペラソング”Cracked”
4枚目のアルバム”Can’t Sleep Love”の中で、最も完成されており、最もPentatonixを象徴している曲でしょう。
その演奏やアレンジから、彼らの個性や色がにじみ出ており、その才能を目の前に突きつけられる。不条理に突きつけられた現実は、ある種の絶望にも似た感情に襲われます。
これが、世界に名をとどろかすPentatonixなのです。

番外編

Bad Blood by Sam Tsui

You Tubeが生んだ天才シンガーソングライターSam Tsuiのアカペラカバー”Bad Blood”
いまや世界的人気を誇るシンガーソングライターですが、もともとは大学でアカペラをしていたそうな。そんな彼が多重録音で、Bad Bloodを披露してくれました。シンプルながらも、随所からこだわりが垣間見えるアレンジは、聴いていてとても心地がよいです。

Where You Are by Kurt Hugo Schneider

こちらは、Samのプロデューサーであり、多くのセンスを秘めた音楽家でもあるKurt Hugo Schneiderのオリジナルアカペラソング。
そのアレンジや曲調から、Kurtの才能が伝わってきます。その計算されたアレンジは、真似したくても真似できない唯一無二のものです。

まとめ

みなさん、本日紹介した曲は、いかがでしたか?

主に、このブログで紹介しているアカペラグループの曲でしたが、これらの曲はぜひともオススメですので聴いて損はありません。また、より多くの名曲を知ってもらうためにCan’t Sleep Loveなどの有名どころはあえて外しています。

この10(+2)曲を押さえておけば、とりあえずは大丈夫でしょう。しかし、世界にはまだまだ多くのグループが存在します。今回の曲の中に気に入った曲がなくても、あなたにピッタリな曲がきっとあるはずです。

日本では、まだまだマイナーなジャンルではありますが、これらの曲をきっかけにアカペラの魅力を知ってもらえたらうれしいです。

来年も引き続き、いろいろなアカペラ曲を紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは、よいお年を。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*