【VoicePlay】クリスマスの讃美歌をアカペラカバー

明日は、待ちに待ったクリスマス・イブですね。みなさんは、イブの準備はばっちりでしょうか?

プレゼントを用意したり、ケーキを買いに行ったりと、意外と準備も大変ですよね。しかし、せっかくのイブですので、張り切って損することはありません。大切な人の笑顔を考えれば、朝飯前です。

さて、素敵なクリスマス・イブに向けて、本日も引き続きクリスマスソングを紹介します。
本日紹介する曲は、VoicePlayがアカペラでカバーした”The First Noel”です。The First Noelといえば、つい先日にもPentatonixのアカペラカバーを紹介したばかりです。

また同じ曲か、と思うかもしれませんが、そのアレンジはまったく別物と言っても過言ではありません。同じ曲でも、それぞれのグループの個性が見えて楽しめることでしょう。

そこで、今回はVoicePlayがアカペラでカバーした”The First Noel”を、その魅力とともに紹介していこうと思います。

The First Noel / A Cappella Cover

牧人羊を

VoicePlayのアカペラカバーの紹介に入る前に、”The First Noel”という曲について、簡単に紹介します。先日のPentatonixのアカペラカバーの時にも紹介しましたので、詳しく知りたい方は、あわせて読んでみてください。

このThe First Noelという曲は、クリスマスに歌われるイギリスのキャロルです。日本語の曲名は「牧人羊を」とされています。この曲は、イングランド西部地方に17世紀以前から伝わっている曲です。William B. Sandysが1833年に発表されて以来、クリスマスの讃美歌として世界中に広まりました。

アレンジについて

さて、ここからVoicePlayのアカペラカバーの紹介に移ります。この曲はベースでおなじみのGeoffがアレンジをしています。

今までは、パーカッションのLayneがアレンジをすることが多かったのですが、最近はGeoffアレンジの曲が増えていますね。やはり、アレンジする人が異なれば、仕上がる曲もまた変わってきます。アレンジする人それぞれの好みやクセが見られておもしろいです。

また、Pentatonixのアカペラカバーと比べても、だいぶ雰囲気が違いますね。Pentatonixのアレンジは、壮大な曲調でしたが、VoicePlayのアレンジは暖かみのある親しみやすい曲調に仕上がっています。

同じ曲を演奏しているのに、アレンジ次第でここまで違った印象を受けるのは、衝撃ですね。しかも、それぞれのグループの個性にしっくりくるアレンジです。

Geoffについて

曲を聴くと、ついついGeoffのベースに耳が傾いてしまいますね。低音好きの方なら、なおさらのことでしょう。

ここでは、Geoffのベースラインに注目してみましょう。曲の1番と2番とでは、ベースラインの印象がだいぶ異なりますね。

1番のアレンジは、動きが単調であり、コーラスよりに歌う箇所もあります。1番では、しっとりとハーモニーを聴かせるようなアレンジになっています。
一方、2番はというと、リズムを刻むことにより、テンポよく曲が進んで行きますね。こうすることで、曲の表情が豊かになり展開が楽しめるアレンジに仕上がっています。
また、ELIがリードの時とEarlがリードの時とで、若干異なるベースラインにしています。このような細かなこだわりもまた、聴いていておもしろいですね。

Tonyについて

この曲も、歌う量に個人差はありますが、メンバーでリードをまわすアレンジとなっています。

ここで気になってくるのが、Tonyの歌い方です。ほかのメンバーと比較しても、Tonyのリードパートは少ない印象を受けます。しかし、彼が歌うリードのフレーズは、どれも絶妙なタイミングで、絶妙な歌い方をしてくれるため、意外と個人差が気にならないのでしょう。

今回も例にもれず、好きな人には堪らない歌声を披露しています。みなさんも、実際に聴いてみてください。あの裏返りそうで裏返らない高音。若干の引っかけた感じがよいですよね。

この曲のここを聴け!

暖かみがあり、どこか親しみを覚える今回の一曲。

その中でも、特に聴いてほしいところは、2番終わりのアレンジです。ここでは、パートをひとりずつ重ねていくアレンジとなっています。コーラスの下から順にTony, ELI, Earlと重ね、最後にGeoffが加わるというアレンジです。

Earlのフレーズまで聴いていると、みんな同じフレーズを重ねていくアレンジかと思うはずです。しかし、実際に聴いてみると、ベースのGeoffだけが異なるフレーズで入っているではありませんか。

やられました。完全に意表を突かれましたね。聴き手にアレンジを印象付けて、よい意味で裏切ってくれました。実に悔しいですが、さすがはプロといったアレンジです。

まとめ

みなさん、VoicePlayのアカペラカバー”The First Noel”は、いかがでしたか?

本日も引き続き、クリスマスソングを紹介しました。The First Noelといえば、先日にもPentatonixのアカペラカバーを紹介しましたが、同じ曲にもかかわらず、まったく異なる印象を受けましたね。このように聴き比べてみると、グループの個性や色が見えてきて、非常におもしろいです。

曲を聴くときは、2番終わりのアレンジに注目してみてください。意表を突いてくるアレンジは、よい意味で私たちの期待を裏切ってくれますよ。

この曲をきっかけに、VoicePlayにハマってみては?

VoicePlayをもっと知りたい方はこちら!

その実力はアカペラ界で五本の指に入るほど。マイナーではありますが、絶対に聴いておきたいグループです。ぜひとも、その超絶ハーモニーを堪能してください。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*