[プロ養成講座]Reeps Oneが教えるビートボックス上達に必須な6つのこと

Reeps One who is UK beatboxer taught the beatbox in the Harvard University.

あなたは、ビートボックスがなかなか上達しないと悩んでいませんか?

イギリスのビートボクサーにReeps Oneがいます。Reeps Oneと言えば、ダブステップ・サウンドとビートを高速で刻むスタイルで有名です。ビートボックスの映像を漁っていれば、彼の名前を知っていることでしょう。

そんな彼は、自身の音楽活動のほかに、若い世代の教育にも力を入れています。その活動のひとつが、先日行われたハーバード大学での講演です。超がつくほどの名門大学で知られるハーバード大学、実はビートボックスを重要であると考えている珍しい大学でもあるのです。

Reeps Oneは、ビートボックスの教育現場において最前線をリードする存在です。彼は、ビートボックスをアートとして認めてもらえることを目標に、日々活動を続けています。ここでは、ハーバード大学で行われた講演から、ビートボックスにおいて重要な6つのことについて紹介します。

Reeps Oneって誰?


本筋に入る前に、Reeps Oneについて簡単に紹介します。彼は、イギリスのロンドン出身のビートボクサーです。15歳からビートボックスを始めた彼は、”New School Beatbox Scene”のリーディングアーティストに認められるほどの存在になります。イギリスのビートボックス大会では、過去2回も優勝した実績(2009, 2010年)もあります。

New School Beatboxとは、ビートボックスの演奏スタイルのひとつです。このスタイルには、ハウスやエレクトロ、ダブステップやポストテックなどがあります。

ビートボックス上達に必要な6つのこと

Reeps Oneがハーバード大学での講演で伝えたことは、次の6つです。

  1. 思う存分に楽しむこと
  2. 感情がビートボックスをつくりあげる
  3. オリジナルの音楽をつくる
  4. 固定概念にとらわれない
  5. 様々なフィードバックをもらえる環境をもつ
  6. 練習は完璧ではない

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

思う存分に楽しむこと

ビートボクサーは、音楽をつくりサウンドを発明することで、新たなものをつくりだしています。ビートボクサーであるあなたは、ビートボックスを通して音楽の世界に貢献しているのです。あなたは、ビートボックス界の音楽クリエイターです。ビートボックスを存分に楽しみましょう。

感情がビートボックスをつくりあげる

Reeps Oneは、「僕の最高の音楽は、僕自身の幸せや悲しみ、怒りなどの感情が湧き上がる瞬間にできるんだ。」と説明します。たとえネガティブな感情でも、音楽的に見ればポジティブに捉えるべきということです。あなただけの音楽をつくることが、観客に伝えたいメッセージに必要不可欠なのです。

リズムに狂いがないビートは重要です。しかし、ハイハットを揺らしながら刻んだり、テンポをわざと遅くしたり、音量を調整したりすることも重要です。あなたの感情の変化がビートボックスで表現されることで、ひとつの音楽ができあがります。

オリジナルの音楽をつくる

ビートボックスバトルは素晴らしい舞台です。これは、あなたのパフォーマンススキルを向上させるだけでなく、あなた自身の音楽をつくるプラットフォームにもなります。ビートボックスバトルが好きだから、ひたすら練習するのもよいでしょう。しかし、あなたがアーティストとしてのキャリアを築きたいのであれば、音楽の感性を養うためにも多くの気づきを得ましょう。

この最もたる例として、日本人ビートボクサー”Gene Shinozaki”がいます。Grand Beatbox Battleで勝利した彼は、ビートボックスのパフォーマンスだけでなく、音楽プロデューサーとしても活動しています。

固定概念にとらわれない

あなたは、これまでに「自分は次に何を学べばよいのだろうか?」と疑問に思ったことはありますか?ビートボックスは、無限の可能性を秘めています。固定概念にとらわれないことは、あなたの成長の手助けになるでしょう。

ここで、音の組み合わせについて考えてみましょう。ビートボックスには、息を吸いながら音を鳴らす”inward / インワード”や息を吐きながら音を鳴らす”outward / アウトワード”、声を出しながら鳴らす音や舌や唇などを振動させる技もあります。あなたは、これらの音をどのように組み合わせたいですか?

ビートボックスの音やパターンを細かく分解することで、新たなリズムやテクニックを身につけることができます。パターンを思いついたら、紙に書いて分析しましょう。

様々なフィードバックをもらえる環境をもつ

新しい音や技術を追求する場合、最も重要なことは、様々なフィードバックをもらえる環境に身を置くことです。この環境は、ビートボックスのコミュニティ内だけではありません。ビートボックスに詳しくない人からも、あなたのパフォーマンスについて率直な意見を取り入れるようにしましょう。

しかし、忘れてはならないことは、あなたの感性を信じることです。あなたは、ほかの人があまり楽しめないような音や技を好むかもしれません。けれども、心配する必要はありません。音楽の好みや価値観は、人によって異なります。国が違えば、音楽の文化も違います。あなたの中でひとつのぶれない軸をもって、自分の好きな音を洗練し続けましょう。

練習は完璧ではない

残念ながら、完璧な練習などありません。あなたは、ビートボックスのために毎日8時間練習する必要はないのです。重要なことは、自分の音に集中し、今していることに気を配ることです。

まとめ

本ページで紹介したことを簡単におさらいします。

  1. 思う存分に楽しむこと
  2. 感情がビートボックスをつくりあげる
  3. オリジナルの音楽をつくる
  4. 固定概念にとらわれない
  5. 様々なフィードバックをもらえる環境をもつ
  6. 練習は完璧ではない

これらはいずれも、単なるビートボクサーにとどまらず、アーティストとして活動するために心がけるべきことでしょう。今やビートボックスは、音楽業界でも広く浸透しています。Reeps Oneも言っているように、ビートボックスの可能性は無限大です。もしかしたら、ビートボックスは、次のステージに進む時代が来たのかもしれません。時代の波に取り残されないためにも、あなたの音楽を追求し続けましょう。

参考

6 THINGS WE LEARNED FROM REEPS ONE | REEPS HARVARD PROJECT | HBB

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

アカペラ編曲家によるアカペラ楽譜のオーダーメイド

She is writing a cappella score.

Groovy grooveでは、誰よりもお客様目線で、どこよりも手間暇かけて、アカペラ楽譜を制作いたします。

アカペラのボイスパーカッション(ボイパ)をしているあなたは、自身の演奏に物足りなさを感じていませんか?この原因は、もしかするとあなたが演奏している楽譜にあるかもしれません。

ベースラインが単調すぎる
コーラスがロングトーンしか歌わないため、リズムを感じにくい
ボイパを考えた楽譜にアレンジされていない

など、楽譜のアレンジから、あなたの演奏を改善することができます。各パートがお互いにかみ合ったアレンジは、あなたの実力を存分に発揮させるでしょう。

アカペラ楽譜制作のご依頼の相談は、無料にてご案内しております。詳しくは、以下のボタンよりお進みください。

詳しく見る

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメント

  1. Keigo より:

    良い記事に出会えました。ありがとうございます。

    1. Shigeomi Ito より:

      コメントありがとうございます。Keigoさんのお役に立ててうれしく思います。
      ビートボックスについての記事を定期的に投稿していきますので、これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

*