【驚愕】うわっ・・・私の声、キモすぎ・・・?

みなさんは自分の声を録音して聞いてみたことはありますか?
自分が普段聞こえている声と比べて、録音した声が変に聞こえてショックを受けた方も多いでしょう。この録音した声というのが、みなさんが会話するときに相手が聞いている声なのです。

では、どうして録音した声は変に聞こえるのでしょうか?本日はその理由について説明していこうと思います。

うわっ・・・私の声、キモすぎ・・・?

woman-850330_1280

どうして録音した声は変に聞こえるのか?

みなさんもご存知の通り、直接聞く自分自身の声と録音した声は違うものです。これは声が伝わる経路が異なるからです。その二つの経路から二種類の音が生まれています。それらの音について詳しく見てみましょう。

気導音とは?

自分以外の人の声(例えば会話している相手の声)や録音した声というのは”気導音”と呼ばれます。口から出た音は空気中を伝わり聞いている人の耳に届いて、声(音)として認識されます。これは、いわゆる空気伝導です。この空気伝導によって気導音は伝わります。

骨導音とは?

自分が直接聞く声というのは、先ほどの気導音に加えて”骨導音”という音が聞こえています。骨導音とは、自分の頭蓋骨を伝わって聴覚神経に届く音です。これは、声を発したときに自分の体内で生じた振動が、同時に音源となって直接内耳の聴覚神経を介して大脳に伝わる経路です。

内耳

耳のもっとも内側にある構造のこと。ここに音の振動を神経に伝える構造がある。

聴覚神経

平衡覚と聴覚を伝えている神経。平衡覚とは体が運動しているときや傾いた状態にあるときに、それらを察知する感覚を指す。また、聴覚とは音が聴こえたことを察知する感覚を指す。

大脳

中枢神経の一部で頭蓋骨の真下にある。人間の大脳は非常に発達おり、様々な機能を備えている。ここでは、その中でも聴覚神経から伝わってきた情報を分析するはたらきをしている。

自分が聞く声=”気導音”+”骨導音”

難しい言葉がいっぱい出てきましたね。録音した声が変に聞こえる理由をもっと簡単に説明しますと、録音した声には体の中に響いている音が入っていないからです。たったこれだけの理由です。非常に単純ですね。

骨導音は低い音がより強調されてしまうため、自分の声は気導音だけの声よりも低音を含む声となっています。録音された声を自分で聞くとやや甲高い貧弱な声に感じるのは、この骨導音の低音部がカットされているからだったのです。

まとめ

みなさん、録音した声が変に聞こえる理由がわかりましたか?

「録音した声には体に響いている音が入っていない」という単純な理由ですが、もっと詳しく見てみるとなかなかに複雑な仕組みでしたね。興味がある方は、より深くまで調べてみるとおもしろいかと思いますよ。

この記事を読んだみなさん、この機会にお友達やご家族の方に教えてあげてみては?

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*