あなたは説明できる?人が声を出すたった4つのこと

みなさんはどうやって声が出ているかご存知ですか?

普段何気なく声を出しているため、ほとんどの方は気にもとめないことかと思います。この声が出る仕組みをよく見てみると、さまざまな過程を経て声が作られているのです。この発声の仕組みを理解するだけでも、理解する前とではその発声に違いが見られるはずです。

そこで、今回は声が出る仕組みについて紹介していきたいと思います。

声が出る仕組み

どうやって声が出るの?

声が作られる過程は大きく分けて次の四つの工程があります。

  1. 発声のエネルギー源として、肺から息を吐く
  2. 吐いた息(呼気)が、喉頭(のど仏)にある声帯の閉じたところに当たり、声帯を振動させ呼気流の断続音(喉頭原音)をつくる
  3. 喉頭原音が声道(咽頭・口腔・鼻腔)を通り、それらの空間で共鳴していろいろな声となる
  4. 共鳴してできた声には舌、唇、あご、歯、頬などで変化を加えて、さらにいろいろな声や言葉が作られる(構音または調音)

では、それぞれの工程について詳しく見ていきましょう。

1.発声のためのエネルギーを得る段階

how_to_vocalize

声のエネルギー源というのは、呼吸により生じる呼気流のことです。

人には、声帯と呼ばれる発声装置があります。これは、空気を振動させて音を発生させる器官です。声帯は、それ自身で振動できるものではなく肺から出てきた気流により振動しているのです。

声帯は、喉頭と呼ばれるところに入っています。図で言うと、喉頭腔というところですね。

声帯(せいたい)

vocal_fold

人の発生装置。主に粘膜と筋肉からできたひだ。肺から出てきた気流により振動する。

喉頭(こうとう)

咽頭から分かれて器官につながっているもの。ここに声帯が入っている。

咽頭(いんとう)

口や鼻の奥から食道の入り口までの道。

2.声帯の振動により音が生まれる段階

呼気流(肺から出てきた気流)により声帯が振動すると、呼気流が断続気流となって空気の波をつくります。その波が音波となって「ブォー」という小さなブザーのような音を発生させます。この断続音を喉頭原音と呼びます。

喉頭原音(こうとうげんおん)

声帯の振動により生じる呼気流の断続音。「ブォー」という小さなブザーのような音で、直接聞くことはできない。音の高低や強弱はつくれるが、音色の変化はつくれない。

3.共鳴の変化や音色をつくる段階

喉頭原音が声道を通り抜ける過程では、共鳴の変化がつくられ、さまざまな音色の声が生まれています。喉頭原音の通り道には、次の二つがあります。

  1. 喉頭腔→喉頭蓋→咽頭腔→口腔
  2. 喉頭腔→咽頭蓋→咽頭腔→口蓋垂→鼻腔

これら二つの道の共鳴のバランスを調節しながらいろいろな声がつくられるのです。共鳴腔(喉頭腔・咽頭腔・口腔・鼻腔)の形や大きさは個人差があるため、共鳴の仕方にも違いが生じ、個人によって異なる声になります。

4.構音・調音

舌や唇、頬をつかって共鳴腔の形や大きさを変化させたり、舌、唇、歯、頬などの形や大きさも変えたり動かしたりして体の外に出るまでにいろいろな音色がつくられています。この過程を構音または調音と言います。ここでは、さまざまな言語につかわれる母音や子音をつくり分けたり、言葉もつくっています。

声帯振動って?

声≠声帯振動

よく勘違いしていまうのが、「声とは声帯振動のことである」ということです。声は、バイオリンなどの弦楽器やピアノなどの弦の振動音を音源としているものとはまったく異なります。

人の声というのは、「空気の渦巻気流音」です。渦巻気流音とは、狭い隙間を吹き抜けていく風がつくるうなり現象のことを言います。一対の声帯の隙間(声門)に肺から空気を吹き込み、声門が開いたり閉じたり、断続した気流によってできる気流音を音源としています。

声帯振動の仕組み

声帯振動の本質は粘膜振動です。声帯を上から見ると、左右が持ち上がって波打つように動きます。これは、粘膜層の下方に生じた波が移動してくるためです。この波が起きて消えるまでが一振動です。

まとめ

みなさん、いかがだったでしょうか?声が出る仕組みというのは大きく分けて、次の四つの工程があります。

  1. 発声のエネルギー源として、肺から息を吐く
  2. 吐いた息(呼気)が、喉頭(のど仏)にある声帯の閉じたところに当たり、声帯を振動させ呼気流の断続音(喉頭原音)をつくる
  3. 喉頭原音が声道(咽頭・口腔・鼻腔)を通り、それらの空間で共鳴していろいろな声となる
  4. 共鳴してできた声には舌、唇、あご、歯、頬などで変化を加えて、さらにいろいろな声や言葉が作られる(構音または調音)

今回は専門用語も多くて、少し難しい内容だったかもしれません。しかし、順を追ってみると、詳しくはわからなくても感覚的にどこで何をやっているかはつかめるはずです。

これらのことを意識するだけでも、声はよい方向に変わっていきます。ふと思い出したときでもよいので、ぜひとも意識してみてください。

この記事を読んだみなさん、この機会にお友達やご家族の方に教えてあげてみては?

Sponsored by

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*