【Home Free】シンガーソングライターTim!

本日は、Home Freeがアカペラでカバーした”Your Man / John Turner”を紹介します。

みなさんは、この曲をご存知ですか?
The Sing Offでも披露した曲ですので、知っている方も少なくないかと思います。このミュージックビデオは、LIVE録音ということもあり、その演奏はより生演奏に近い音源となっております。

今回は、Home Freeがアカペラで歌う”Your Man”を、その魅力とともに紹介していこうと思います。

Your Man / A Cappella Cover

Home Freeの生演奏!?

今回のミュージックビデオは、先日紹介した”Bye Bye Bye”と同様にLIVE録音となっています。

通常の曲ですと、各パートごとに録音し、編集などを行います。LIVE録音は、動画にあるように実際に5人で演奏している音源を直接録音しているのです。そのため、このミュージックビデオは、Home Freeの生演奏に近い音源となっているのです。ミュージックビデオを見ると、ライブ感が伝わってきますね。

また、この曲はThe Sing Offで披露した曲でもあります。こうして、改めて動画をアップロードしてくれると、ファンとしてはうれしいですよね。

リードボーカルTim!

全体的にスローテンポな今回の曲。この曲のアレンジは、ベースのTimが担当しています。そのためか、Timがリードを歌うアレンジとなっています。元々はシンガーソングライターとして活躍していたTimですので、やはりメインリードを歌いたいようですね。

アレンジとしては、Home Freeらしいきれいなハーモニーを聴かせるようなものとなっています。ロングトーンを多く取り入れているため、その音色の美しさを実感できますね。

Timのような歌えるベースマンは、PentatonixのAviやVoicePlayのGeoffなどがいます。彼らの歌声も必聴の価値ありです。興味がある方は、ぜひ一度聴いてみてください。

Timのこなれた演奏!

2番に入りで、Timのソロがワンフレーズだけあります。ロングトーンが多めのアレンジですと、どうしても単調な曲になりがちです。ここでは、Tim以外がストップするという単純なアレンジですが、それでも2番の入りという効果的なタイミングではさんであるため、曲にメリハリが出てきますね。

2番のサビでは、Timがリードからベースへ切り替わるフレーズがあります。このこなれた感じで切り替える様は、非常にカッコいいですよね。いかにも余裕ですよということが伝わってきます。

この曲の聴きどころ!

Tim色全開の今回の一曲。その中でも、特に聴いてほしいところは、Timのサビでの歌い方です。

リードといても申し分ない実力をもつTim。
そんなTimの高音の出し方は、聴いていてその実力の高さがうかがえます。Timにとっておそらく余裕で出せる音域の音かと思いますが、あえてひっくり返る寸前の声で歌っています。
このひっくり返るか返らないかのギリギリの音は、聴いていてとてもグッとくる歌い方です。好きな人にとっては、絶対にたまらない音色のはず。

また、最後の低音にも注目ですよ。その圧倒的低さは、Timの本領を発揮した音です。その低さに驚かされること間違いありません。

まとめ

みなさん、Home Freeがカバーした”Your Man”はいかがでしたか?

LIVE録音ということもあり、まるでHome Freeの生演奏を聴いているようでしたね。The Sing Offで一度披露した曲ですが、このような形で再び聴けるとなると、ファンとしてはうれしい限りです。

今回の曲は、元々シンガーソングライターとして活躍していたTimのアレンジのため、Timらしさ全開の一曲でした。そのハーモニーはとても美しく、聴いていて心地よい演奏です。

曲を聴くときは、Timの高音の歌い方に注目してみてください。そのひっくり返るか返らないかのギリギリな歌い方は、聴いていてグッとくる演奏です。また、最後の低音にも目が離せません。その圧倒的低音に、驚かされること間違いありません。

この曲をきっかけに、Home Freeにハマってみては?

Home Freeをもっと知りたい方はこちら!

カントリーアカペラといったらHome Freeで間違いありません。非常にきれいなハーモニーは一度聴くと、クセになってしまいますよ。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*