歯笛がボイパやビートボックスの鍵となる!サンバホイッスルのやり方

samba whistle for beatbox

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)やビートボックスで、サンバホイッスルの音がきれいに響かないと悩んでいませんか?

これは、サンバホイッスルに必要な歯笛ができていないためであると考えられます。歯笛ができていなければ、サンバホイッスルの高音も再現できません。

下の音源は、このページで身につけるサンバホイッスルです。

このページでは、初心者の方でも簡単に身につけることができるサンバホイッスルを紹介します。

続きを読む

これであなたもカラオケ上手!ビブラートを鍛える3つの練習

This image means vibrato for voice training.

ビブラートと言えば、歌の代表的なテクニックのひとつです。歌に表現力を加えるためだったり、カラオケの点数をかせぐためだったりと、様々な理由であなたも練習したことでしょう。

しかしながら、実際に歌うと上手く出せないことが多いのではないでしょうか。体が力んでしまったり、息が続かなかったりすると、ビブラートは出せません。ビブラート単体では難なくできますが、鍛えていなければ歌の中で活かすことはできないのです。

では、ビブラートを鍛えるためには、どのような練習をすればよいのでしょうか?

続きを読む

横隔膜を刺激しろ!3ステップでできるビブラートの出し方

This image means vibrato for voice training.

ビブラートは、歌の代表的なテクニックのひとつです。カラオケの採点項目にも設定されているため、一度は耳にする単語でしょう。ロングトーンで、きれいなビブラートを出せていると、心地よいですよね。

ビブラートを出すには、音程を上下に揺らすだけとなめてかかると痛い目にあいます。実際は、まったくかかっていなかったり、一定に揺れていないため音程を外しているように聴こえたりします。

では、ビブラートはどのようにして出すことができるのでしょうか?

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、ビブラートを習得するにはBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う私も、無料体験レッスンのおかげで歌声の悩みが解決しました。

地道に独学ボイトレに励むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

続きを読む

裏声の出し方から練習まで徹底解説!弓場徹教授が書く「奇跡のボイストレーニング」

近年、ボイストレーニングは様々な形で展開されています。最も主流なボイストレーニング教室に通うほか、オンラインレッスンや当ブログのようにインターネット上でのボイトレ情報などがあります。

その中でも、低予算かつ信頼のあるボイストレーニング方法のひとつに、ボイストレーニング本があります。多くのボイトレ本は、有名な大学教授やボイトレ講師が書いているため、信頼できる情報です。

しかしながら、世の中にはボイトレ本がごまんとあります。とりわけ、ボイストレーニングを始めたばかりの方は、どのボイトレ本を購入すればよいか検討もつかないはずです。

では、数あるボイトレ本の中で、どの本を購入すればよいのでしょうか?

それは、三重大学の弓場徹教授が書いた「奇跡のボイストレーニング」を購入することを強くオススメします。

続きを読む

音域を広げよう!裏声を格段に鍛える4つの練習方法

高い音を出せる裏声は、歌う上で必須の技術です。特に男性の場合、裏声を出せるようになると歌える音域が広がります。しかしながら、裏声を出せるからといって必ずしも歌の中で使いこなせるとは限りません。

裏声を鍛えていなければ、裏声の声量が足りなかったり、かすれるような声質になったりします。もしかしたら、あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。ここでは、裏声を鍛えるための練習方法を紹介します。

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、裏声を鍛えるならBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う私も、無料体験レッスンで歌声の悩みが解決しました。

地道に独学ボイトレに励むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

続きを読む

1日たったの5分でマスター!誰でもできる裏声の出し方

最近のJ-POPは、音域の高い曲が目立ちます。特に男性アーティストに、その傾向が見受けられます。透き通った水のようにキレイな高音を聴いてしまうと、確かに魅了されてしまいますね。このように、高音を出せることが、歌のうまさの基準のひとつとなりつつあります。

しかし、J-POPの高音化は、歌の苦手な人にとって迷惑な話でしかありません。好きなアーティストの曲が、高すぎて歌えず苦い思いをした方も多いのではないでしょうか。この救世主となるのが『裏声』なのですが、歌の苦手な人で裏声を出せる人は、そう多くはいないでしょう。

では、裏声を出すにはどうすればよいのでしょうか?

それは、次の3つの練習をすればよいのです。

  1. 狼やフクロウの鳴きまねをする
  2. ハミング(鼻歌)で高音を出す
  3. 小声で高音を出す

以上の練習をすれば、確実に裏声を出せるようになるでしょう。

続きを読む

横隔膜を使いこなせ!腹式呼吸を抜群に鍛える3つの練習方法

腹式呼吸とは、横隔膜を使った呼吸です。普段から胸式呼吸をしてきたばかりに、習得するには時間がかかると思いきや、少し練習すれば意外とすぐにできるものです。

しかし、歌で使い物になるかは話が別です。歌に集中するあまりに、思わず胸式呼吸になってしまう方も多いのではないでしょうか。胸式呼吸だと無駄に力が入ってしまい、思うように歌えません。腹式呼吸を身に付けるのはできたものの、鍛えなければ使い物にならないことを痛感しますね。

では、腹式呼吸を鍛えるためには、どのような練習をすればよいのでしょうか?

続きを読む

たったの3ステップでOK!5分でできる腹式呼吸のやり方

歌の練習をしていると、必ず耳にする単語のひとつは『腹式呼吸』です。腹式呼吸は、声量を増やすためや高音を出すためには、欠かせない呼吸法です。

“腹式”呼吸と言うのだから、「お腹を使って呼吸をする」ということは想像がつきます。しかしながら、特に練習をしていなければ、普段から腹式呼吸をしている方もそう多くはないでしょう。そのため、大体の場合は腹式呼吸のやり方がわからないのではないでしょうか?

では、腹式呼吸はどのようにしてすればよいのでしょうか?

それは、次の3つの練習をすればよいのです。

  1. 仰向けに寝ながら呼吸をする
  2. 息を吐き切る感覚を身に付ける
  3. 自然と息を吸う感覚を身に付ける

以上の練習をすれば、確実に腹式呼吸を習得できます。

続きを読む

歌唱力向上には必須!?横隔膜を使う腹式呼吸とは?

カラオケの普及により、老若男女問わず歌を歌う機会が増えています。ストレスを発散する人やみんなで歌って楽しむ人など様々です。その中には、あなたのように歌を練習している人も少なくありません。

歌唱力を上げるために、歌が上手な人にアドバイスをもらったり、インターネットで調べたりしたことでしょう。すると、みんなが口をそろえて「歌の基本は腹式呼吸だ」と言います。しかしながら、なじみのない単語のため、イメージがわきませんね。

では、腹式呼吸とはどのような呼吸なのでしょうか?

それは、横隔膜を使って空気を供給する呼吸法です。

続きを読む

ボイパで連打はできるのか?バスドラムのダブル奏法のやり方

bass drum for voice percussion

ボイスパーカッション(以下ボイパ)・ビートボックスを練習していると、さらにリズムパターンを増やしたくなるものです。そのために、ビートをより細かく刻もうとすることも定番であります。

ビートを細かく刻む方法としては、例えばバスドラムの連打があります。バスドラムの連打は、メロとメロのつなぎや曲の〆に多く用いられています。しかしながら、今までの出し方で音を連続して出しても、連打とは程遠い演奏になってしまいますね。

では、バスドラムを細かく刻むためには、どうすればよいのでしょうか?

それは、バスドラムのダブル奏法をすればよいのです。

続きを読む