【Pentatonix】その旋律・・・まさに最高傑作!

本日は、Pentatonixがアカペラで歌う”Show You How to Love”を紹介します。

みなさん、この曲をご存知ですか?
この曲は、Pentatonixの最初のアルバム”PTX VOL.I”に収録されています。公式のYouTubeのチャンネルにはこの曲がアップロードされていないため、いまいちピンと来ない方が多いかと思います。
しかし、マイナーではあるもののその完成度はPentatonixの最高傑作と言っても過言ではありません。

今回は、PentatonixのオリジナルアカペラソングShow You How to Loveを、その魅力とともに紹介していこうと思います。

Show You How to Love / Original A Cappella Song

アルバム一枚目にして最高傑作・・・

この曲は、Pentatonixの最初のアルバム”PTX VOL.I”に収録されています。実はこの曲、Pentatonixのオリジナル曲なのです。必死に検索しても原曲が見つからないわけですね。

その完成度ですが、Pentatonixの最高傑作と言っても過言ではありません。

イントロは、まずMitchとAviが歌っています。Aviの重厚なベースにMitchの透き通る高音が絶妙にマッチしています。

Aメロ、Bメロに入るとシンプルなフレーズが中心の転換になっています。一見単調な楽譜なのですが、演奏しているものを聴くと不思議と疾走感を感じますね。

曲調が一変!?

2番になるとリズミカルな曲調へと変わります。ここで、コーラスのScottとKirstinの歌い方に注目してみましょう。1番の歌い方と異なり、フレーズの終わりを収束するように歌っています。

こうすることで、各フレーズにまとまりができ、リズム感が非常に感じられますね。

間奏からの怒涛の盛り上がり!

サビが終わり間奏にさしかかると、そのカッコよさに驚かされることでしょう。ここの間奏の部分は、非常に完成度が高いものに仕上がっています。

間奏では、とても壮大な雰囲気で曲が進んでいきます。徐々に、徐々にと曲が盛り上がり、そのままピークへ・・・と見せかけておき、いったん収束します。そこへストップモーションをはさみ、曲が完全に停止。このストップの直後、今まで溜めておいた勢いを一気に放出するように、全員が歌い始めます。この勢いに圧倒されること間違いありません。

まさにこの瞬間が、この曲のピークなのでしょう。最高潮に達する瞬間は、ぜひともその耳で実感してください。

この曲の聴きどころ!

Pentatonixの魅力が存分につまったこの曲。その中でも、注目すべきところは最後のCメロです。ここでのリズム隊を注意深く聴いてみてください。

このCメロでは、リズム隊のみがストップモーションをはさみながら演奏しています。合計4回のストップモーションをはさむのですが、そのたびに曲のギアが上がっていくように感じられます。
さらによく聴いてみると、そのストップにも変化があるのです。1回目、2回目は同じなのですが、3回目ではストップのタイミングが異なります。また、4回目になると音の並び、リズムの感じ方を変えています。

段々とギアを上げていき、曲が終わる手前になると、上がったスピードを緩めるように少しゆったりとしたリズムをつくっています。
このCメロは、何回聴いても飽きない非常に完成されたものです。

まとめ

みなさん、Pentatonixがアカペラで歌うShow You How to Loveはいかがでしたか?

最初のアルバムに収録されており、加えてオリジナル曲のため、知らない方も少なくはないでしょう。しかし、隠れた名曲とはまさにこの曲のことです。その完成度は、Pentatonixの最高傑作と言っても過言ではないでしょう。

どの部分を聴いても非常にカッコいい曲なのですが、その中でも最後のCメロに注目してください。ここでは、リズム隊だけストップモーションをはさみながら演奏しています。その演奏は、曲のギアを徐々に上げていくような疾走感と高揚感を感じますよ。
Pentatonixの曲の中でも、上位に来るほど完成された一曲。聴いていて、絶対に損はしません。

この曲をきっかけに、Pentatonixにハマってみては?

Pentatonixをもっと知りたい方はこちら!

世界で一番アツいアカペラグループといったらこのグループで間違いありません。日本でもその人気が急上昇しています。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*