【Pentatonix】Kevinが人間やめるってよ!

本日は、Pentatonixがアカペラで歌う”Love Again”を紹介します。

みなさんは、この曲をご存知ですか?
この曲は、Daft Pankメドレーでおなじみのアルバム”PTX VOL.II”に収録されています。Daft Pankメドレーに隠れがちですが、この曲も非常に完成度が高い作品です。おまけに、彼らのオリジナル曲でもあります。

今回は、Pentatonixのオリジナルアカペラソング”Love Again”を、その魅力とともに紹介していこうと思います。

Love Again / Original A Cappella Song

全員ラスボス・・・

今回のミュージックビデオは、いつもの作品と異なりメイク・衣装ともに気合が入っています。
その風貌は、ゲームのボスキャラのようです。特に、MitchとKirstinの見た目がいかにもゲームのキャラという感じですね。やはり、この時期のMitchが一番健康的でカッコいいです。現在のMitchは、痩せすぎていて心配してしまいます。

ここまで凝った演出も新鮮味があって、見ていておもしろいです。外国人ということもあり、派手なメイクや衣装も似合います。

Mitchが奏でる旋律!

ピッタリとそろった字ハモから、この曲は始まります。その息の合った演奏は、聴いている人をたちまち惹きこんでしまいます。

この曲のメインリードは、Mitchが担当しています。Mitchが歌うと、途端に壮大な雰囲気がただよいますね。Mitchの長所を活かしたアレンジと演奏です。ここでのポイントは、”Don’t you worry”というフレーズが、Mitchのソロとなっているところです。このわずかなソロパートをはさむことで、曲の壮大さが際立ちます。

Kevinがベース!?

間奏に入ると、Kevinの喉ベースが炸裂します。Kevinの奏でる喉ベースの音は、質が高く雑味のない音に仕上がっています。曲中に喉ベースを入れるとは、斬新な試みですね。ほかのアカペラグループではなかなか見ない発想です。

Human Beat Boxのパフォーマンスならわかりますが、アカペラ曲に取り入れてしまうとは・・・。オリジナル曲ということも相まって、Kevinの強みを存分に発揮できる楽譜となっていますね。

Aviのベースリード!

この曲では、Aviの見せ場もしっかりとあります。2番の終わりにAviのリードベースがはさんであるのです。その歌声は、いかにもベースマンという歌い方です。かなり響きのある声のため、その低音がおなかの方にまで届きますね。また、曲の雰囲気を出すために、淡白な歌い方になっています。Aviのメイクも相まって、不気味な音色となっています。大サビ前でも、Aviが歌うのでチェックしておきましょう。

Aviのほかにも、世界には歌えるベースマンが意外と多く存在します。代表的なベースマンですと、VoicePlayのGeoffやHome FreeのTimでしょう。彼らの演奏も、ぜひ一度聴いてみてください。

この曲の聴きどころ!

メンバーの個性を存分に活かしている今回の一曲。

その中でも、特に聴いてほしいところは、Kevinのパーカッションです。具体的には、Aviがベースリードを歌っているところのKevinのパーカッションに注目してください。

みなさん、どのような音が鳴っているかわかりますか?
これが、Kevinの演奏です。一見めちゃくちゃに刻んでそうに聴こえますが、きちんとテンポをキープしています。その演奏は、人間の域を超え、もはや楽器ですね。ここまで化け物じみたパーカッションは、Kevinしかいません。

このほかにも、曲の抑揚や表情に合わせて、さまざまな音でリズムを刻んでいます。やはり、Kevinのパーカッションは、こうでなくてはいけませんね。

まとめ

みなさん、Pentatonixがアカペラで歌う”Love Again”はいかがでしたか?

いつも以上に気合の入ったメイクや衣装は、まるでゲームのキャラクターのような風貌です。特に、MitchとKirstinの見た目が、曲の雰囲気とマッチしています。

この曲は、Pentatonixのオリジナル曲のため、メンバーの個性を存分に活かした楽譜となっています。その演奏は、Pentatonixの魅力が凝縮された一曲と言ってよいでしょう。

曲を聴くときは、メインリードであるMitchの歌声に注目です。Mitchが歌うと、途端に曲に壮大さが生まれます。彼の歌声は、曲の世界観に絶妙にマッチしていますね。
また、リズム隊も忘れてはいけません。オリジナル曲ということもあり、彼らの実力を存分に発揮しています。Kevinのパーカッションは、もはや人間の域を超えいます。

この曲をきっかけに、Pentatonixにハマってみては?

Pentatonixをもっと知りたい方はこちら!

世界で一番アツいアカペラグループといったらこのグループで間違いありません。日本でもその人気が急上昇しています。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*