【Pentatonix】美しく奏でるPayphone!

本日は、Pentatonixがカバーした”Payphone / Maroon 5 ft. Wiz Khalifa”を紹介します。

みなさんは、この曲をご存知ですか?
原曲が有名なため、Pentatonixのカバーを聴いたことがなくても知っている方がけっこう多いかと思います。原曲もカッコいいのですが、Pentatonixが歌うPayphoneもまたカッコいいです。

今回は、Pentatonixが歌うPayphoneの魅力を紹介していきます。

Payphone / Maroon 5 ft. Wiz Khalifa 

私生活感ただようオフ仕様!

今回のビデオは、いつものミュージックビデオとは異なり私生活感がただよっています。これはこれで、みんなの私生活を見ているような気がして、新鮮に感じますね。

Kevinなんかは、完全にオフって感じです。ほかのビデオやライブでは、陽気な黒人さんってイメージですが、このビデオですと不思議と子供っぽく感じてしまいます。Mitchが、ところどころオネエなのでは?と思ってしまうような仕草をしているのが気になりますね。

最初から美しい旋律!

曲が始まり、まず最初に聴こえてくるのがMitchのきれいな歌声です。一応男性なのですが、本当に声が高いですね。やはり、外国人の方は、声帯の構造からして日本人とは違うのでしょうか?

やはり無視はできないAviのベース!

もはやどの曲にも言えることなのですが、Aviのベースが非常にカッコよく仕上がっています。この曲では、跳ねるようなベースラインであるため、率先してリズムを作っています。そのため、ほかのメンバーがとても歌いやすそうです。

加えて、響きも半端ないですよね。やはりベースはいかに低い音を出すか、よりも響きのほうが重要だと実感しますね。Aviに関しては、低音の音域も十分広いんですけどね。

この曲の聴きどころ!

この曲を聴くときは、2番の1人ずつ重ねていきリードをまわして歌うところをぜひとも聴いてください。Mitch→Kirstin→Scottの順で重ねて歌う部分がカッコよすぎます。タイミングもピッタリと合っておりキレイなハーモニーが作り出されています。みなさんも思わず聴き入ってしまうことでしょう。

この後のリードをまわすアレンジでは、それぞれに見せ場があり、3人の歌い方の違いを楽しむことができます。特にKirstinの歌いだしの仕草が、感情をのせた動きのため見ていて惹き込まれてしまいますね。

まとめ

みなさん、Pentatonixがカバーした”Payphone”はいかがでしたか?

原曲ももちろんカッコいいのですが、Pentatonixが歌うPayphoneも引けを取らないカッコよさです。メインリードのMitchが、その魅力を際立たせています。

曲を聴くときは、2番を特に聴いてみてください。パートを1人ずつ重ねたり、リードをまわして歌ったりとカッコいいアレンジが続きます。リードをまわすところでは、3人の歌い方の違いに注目するのもおもしろいですよ。

この曲をきっかけに、Pentatonixにハマってみては?

Pentatonixをもっと知りたい方はこちら!

世界で一番アツいアカペラグループといったらこのグループで間違いありません。日本でもその人気が急上昇しています。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*