A Cappella

Aviが脱退するならPentatonixには解散してほしい

avi kaplan retires from pentatonix

こんにちは、Groovy grooveのしげ(@groovygroovemsc)です。あなたはPentatonixが好きですか?僕は大好きです。The Sing Offでのパフォーマンスに一目ぼれしてから今日にいたるまで、彼らのアカペラを常に欲しています。

今や名実ともに世界一のアカペラグループPentatonixDuft Pankメドレーをきっかけに、日本でも大ブレイクしましたね。3年連続でグラミー賞を受賞するなど、彼らの快進撃は止まらない…かと思いきや5月13日に悲しいお知らせが入りました。結成時からベースを担当していたAviが脱退を発表したのです。詳細はFacebookに投稿された以下の動画。

デビューからたったの6年で世界トップクラスのアカペラグループになったPentatonix。それは、非常に速いペースで活動していたからこそ成し遂げられたもの。しかし、この活動ペースこそがAviを苦しめる原因になっていました。友人や家族がAviを必要としているとき、Aviが彼らを必要としているとき、彼らのそばにいられなかったのは辛かったと語っています。

メンバーのことが大好きだけれども、もうついていけない。自分たちがやっていることを信じているからこそ、成功の妨げになることをしてはいけない。様々な苦悩の中、Aviはグループのため、そして自分のために脱退という苦渋の決断をしました。

脱退を発表しましたが、現在開催中のツアーには参加するとのこと。この様子だと、今回のツアーでAviがいるPentatonixは見納めになるかもしれません。

続きを読む

Daichiも力説!プロが教えるボイパとビートボックスの違い

This is written about the difference between voice percussion and beatbox.

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)とビートボックスの違いを知っていますか?

PentatonixやLittle Glee Monsterなどのアカペラグループの活躍により、以前にも増してアカペラの認知度が上がっています。また、日本のYouTuberであるHIKAKINやDaichiの動画を見て、ビートボックス始める人もまた増えています。

一方で、ボイパとビートボックスを混同する人もまたしばしば見受けられます。アカペラ経験者の場合、アカペラのパーカッションはボイパ、個人でのパフォーマンスはビートボックス、と分けているかもしれません。

実は、ビートボックスはボイパの派生と言われています。しかし、海外ではVoice Percussion(ボイスパーカッション)と言う単語が存在しません。

このページでは、音楽背景とプロのビートボクサーの意見から、ボイパとビートボックスの違いについて紹介します。

続きを読む

ボイスパーカッション(ボイパ)のやり方と練習方法のすべて

This is the microphone for voice percussion.

ボイスパーカッション(ボイパ)のやり方や練習方法がわからないと悩んでいませんか?

Groovy grooveでは、バスドラムやスネアドラムのやり方、アカペラをするための練習方法まで、ボイスパーカッション(ボイパ)のすべてを、どこよりもわかりやすく紹介します。ボイスパーカッションを始めたばかりの人でも、このページで紹介する練習を実践すれば、確実に上達するはずです。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

Groovy grooveでは、ボイスパーカッション(ボイパ)をアカペラにおけるドラム、パーカッションとしております。ヒューマンビートボックスとは異なりますので、ご了承ください。

続きを読む

気づいた頃にはもう遅い?ボイパ初心者が陥る七つの大罪

This image means the crime of voice percussion beginner.

突然ですが、あなたは次のことに心当たりがありませんか?

「曲調のことを考えず、新しく覚えた音を入れる」、「リズムキープを気にせず、とにかく細かく刻む」などなど。心当たりがあるようであれば、あなたもボイスパーカッション(以下ボイパ)に陥りがちな勘違いや癖にハマっているかもしれません。これらのことは、特に初心者の人に多く見られます。

このページでは、ボイパ初心者が陥りがちな勘違いや癖と、その解決策を紹介します。ボイパだけでなくアカペラで失敗してしまうことを防ぐために役立ててください。

続きを読む

ボイパ初心者が1ヶ月後のライブで歓声を起こすための4つの練習

Voice percussion live.

ボイパ初心者のあなたは、ライブに向けてどのような練習をすればよいか悩んでいませんか?

思い返せば、ボイパを始めたばかりの私も、ライブを盛り上げるために試行錯誤していました。音やリズムの練習は、誰でもしていることでしょう。ほかのボイパを追い越すためには、別の切り口から練習しなければなりません。

私は、初心者のときに培ったボイパの練習テクニックで、ライブやオーディションで成果を出してきました。

このページでは、私が心がけているボイパの練習テクニックを4つ紹介します。

続きを読む

ボイパ講座!リズムパターンが10倍になる誰にでもできる5つの練習

She is practicing voice percussion.

あなたは、自分のボイスパーカッション(以下ボイパ)のリズムパターンに満足していますか?

ボイパをしているからと言って誰でもドラムを経験しているわけではありません。基本の8ビートや16ビート覚えたものの、応用までは思いつかないと悩んでいる人も多いでしょう。

実は、ちょっとした練習を心がけることで、誰でもグルーヴ感のある良質なリズムパターンを生み出せます。

このページでは、私がリズムパターンを生み出すために実践している5つの練習を紹介します。

続きを読む

ボイパは自己中が多い?わずか1ヶ月で劇的に上達する4つの練習術

He is playing voice percussion.

あなたのボイスパーカッション(以下ボイパ)は、独りよがりな演奏になっていませんか?

音色やリズムパターンだけを追求していては、個人技の域を脱せません。実は、ボイパを始めたころの私もそうでした。

このページでは、そんな私が独りよがりなボイパを脱するために練習した、「1ヶ月で劇的に上達する4つのボイパ練習術」を紹介します。個人の技術を伸ばすような練習ではなく、ボイパとしてまわりを引っ張るための練習です。

このページの内容を読み実践すれば、アカペラの質の向上にも役に立ちますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

ボイパ歴6年の私が培った、まわりと差をつける4つの練習ステップ

He is playing voice percussion.

あなたのボイスパーカッション(以下ボイパ)は、単なるリズムキープになっていませんか?

曲を演奏するうえで、リズムを一定に保つことは重要です。しかし、リズムキープに集中するあまり、平坦で抑揚のないビートになる傾向があります。

ほかのグループよりも頭一つ抜き出るためには、単なるリズムキープから脱却しなければなりません。ボイパ自らがグルーヴをつくらなくては、いつまでたっても凡庸で個性のない演奏を続けることになるでしょう。

このページでは、私の経験から培った、単なるリズムキープにとどまらないビートを刻むための練習方法を紹介します。小手先のテクニックでごまかすような練習ではなく、ボイパとして曲のグルーヴをつくるための練習です。

今回紹介する練習を心がけている私は、学内外のオーディションを勝ち抜いたり、多くの人からバンドに誘われたりしています。

このページの内容を読み、実践すれば必ず成果が出ますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

【2015年】おすすめアカペラランキングベスト10!

気がつけば今年も残すところ、あと数時間となりましたね。
みなさんは、今年一年を振り返って、どうでしたかね?満足のいく一年でしたか?

さて、せっかくの機会ですので、今年のアカペラについても振り返ってみましょう。今年一年も、素晴らしい曲の数々が、リリースされてきました。
特に目立っていたのは、やはりPentatonixですかね。彼らの快進撃は、とどまることを知りません。彼らの4枚目のアルバム”Can’t Sleep Love”のプロモーションとか、相当な力の入れようでしたからね。
とは言え、アカペラの知名度は、いまだ発展途上であります。最近流行りつつあるから聴いてみよう!と思っても、何を聴けばよいかわからないという方も多いはずです。

そこで、今回は2015年にリリースされたアカペラ曲をランキング形式で紹介します。この曲を聴いておけば、間違いないというオススメ曲ばかりですので、ぜひとも参考にしてみて下さい。

続きを読む

【Pentatonix】クリスマスとはなんですか?

みなさん、昨日のクリスマスはいかがでしたか?素敵な一日を過ごせましたでしょうか?
さまざまな過ごし方がありますが、それがみなさんにとって大切な思い出になっていたらと思います。

さて、少し話は変わりますが、みなさんにとってのクリスマスとはなんですか?
恋人と過ごせるから幸せな日だ、という方もいれば、今年もひとりか・・・とさみしい気持ちになってしまった方もいるかもしれません。日本ですと、クリスマスといえば恋人と過ごすという印象が強いですね。そのため、独り身の方は、少々肩身が狭いです・・・。

では、ほかの国ではどうなのでしょうか?気になりますよね?
実は、Pentatonixのメンバーが、クリスマスについて語っている動画があるのです。これは、ファンとしては見逃せません。海外の考え方を知ることができ、なによりメンバーの素顔が見ることのできるよい機会です。

そこで、今回は指向を変えて、クリスマスに対する価値観や思いから彼らの素顔に迫ってみましょう。

続きを読む