Beatbox

[プロ養成講座]Reeps Oneが教えるビートボックス上達に必須な6つのこと

Reeps One who is UK beatboxer taught the beatbox in the Harvard University.

あなたは、ビートボックスがなかなか上達しないと悩んでいませんか?

イギリスのビートボクサーにReeps Oneがいます。Reeps Oneと言えば、ダブステップ・サウンドとビートを高速で刻むスタイルで有名です。ビートボックスの映像を漁っていれば、彼の名前を知っていることでしょう。

そんな彼は、自身の音楽活動のほかに、若い世代の教育にも力を入れています。その活動のひとつが、先日行われたハーバード大学での講演です。超がつくほどの名門大学で知られるハーバード大学、実はビートボックスを重要であると考えている珍しい大学でもあるのです。

Reeps Oneは、ビートボックスの教育現場において最前線をリードする存在です。彼は、ビートボックスをアートとして認めてもらえることを目標に、日々活動を続けています。ここでは、ハーバード大学で行われた講演から、ビートボックスにおいて重要な6つのことについて紹介します。

続きを読む

ビートボックス世界大会でも頻出!3種類のリップロールのやり方

beatbox tutorial lip roll

あなたは、リップロールのやり方がわからないと悩んでいませんか?

最近のビートボックス界で、最もホットな技と言えばリップロールです。単に唇をブルブルと振動させるだけにもかかわらず、コミカルな音から重低音まで出すことができます。その使い勝手のよさから、多くのビートボクサーに愛用されている技です。

しかし、リップロールのほとんどが息を吸いながら音を出すため、初心者にとっては難しく感じられるでしょう。そのため、音を出すことすらままならない人も多いでしょう。

本ページでは、humanbeatbox.comの管理人KAZUが教えるリップロールを紹介します。動画の内容は英語ですが、要約を日本語でまとめています。初心者の人も安心してご覧ください。

続きを読む

[YouTube講座]脱初心者を目指せ!プロが教えるビートボックスのやり方(全20種類)

Beatbox tutorial by 80 Fitz.

あなたは、ビートボックスのやり方がわからないと悩んでいませんか?

現在、YouTubeなどの動画共有サイトには、数多くのビートボックス動画があります。もちろん、それらの中にはビートボックスのやり方や練習方法などを紹介する動画もでしょう。しかし、レッスン動画は数あれど、プロが教える動画ほど説得力の勝るものはありません。

本ページでは、アメリカのプロビートボクサー”80 Fitz”が教えるビートボックスのやり方を紹介します。動画の内容は英語ですが、要約を日本語でまとめています。初心者の方も安心してご覧ください。

続きを読む

[お知らせ]今年度のオンラインレッスンの募集を締め切ります

voice percussion online lesson information

こんにちは。Groovy groove代表の伊藤です。

いつもブログをご覧になり、ありがとうございます。

さて、今年度の始めに開始したボイスパーカッションのオンラインレッスンも早いのもで半年以上たちます。日が経つにつれ受講者の方が増えていったことを、大変うれしく思います。

しかしながら、当初想定していた人数よりも多くのお申し込みがあったため、現在順番待ちが発生しております。そのため、希望者の方には大変申し訳ありませんが、今年度のお申し込みは締切といたします。

今のところ、来年度から募集を再開する予定です。オンラインレッスンをお考えの方は、来年度にお問い合わせくださるようお願いいたします。正確な再開時期については、ブログとSNSでお知らせします。

今後とも、Groovy grooveをよろしくお願いいたします。

Daichiも力説!プロが教えるボイパとビートボックスの違い

This is written about the difference between voice percussion and beatbox.

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)とビートボックスの違いを知っていますか?

PentatonixやLittle Glee Monsterなどのアカペラグループの活躍により、以前にも増してアカペラの認知度が上がっています。また、日本のYouTuberであるHIKAKINやDaichiの動画を見て、ビートボックス始める人もまた増えています。

一方で、ボイパとビートボックスを混同する人もまたしばしば見受けられます。アカペラ経験者の場合、アカペラのパーカッションはボイパ、個人でのパフォーマンスはビートボックス、と分けているかもしれません。

実は、ビートボックスはボイパの派生と言われています。しかし、海外ではVoice Percussion(ボイスパーカッション)と言う単語が存在しません。

このページでは、音楽背景とプロのビートボクサーの意見から、ボイパとビートボックスの違いについて紹介します。

続きを読む

バスドラムの応用技!ボイパで刻むバスドラム3連打のやり方

They mean the bass drum triple for voice percussion.

ボイスパーカッション(以下ボイパ)・ビートボックスのパフォーマンスに慣れてくると、いつもの8ビートでは、物足りなくなります。メロの切り換わりや曲の〆などでは、ビートを細かく刻みたいですよね。

バスドラムのダブル奏法は、バスドラムを使ったビートを細かく刻む演奏方法のひとつです。しかしながら、ダブル奏法は、バスドラムの連打に適しているものの、ほかの音を組み合わせての演奏は適していません。

では、ほかの音を組み合わせながらバスドラムを細かく刻むには、どうすればよいでしょうか?

続きを読む

ボイパならではの飛び道具を!バブルスクラッチのやり方

bubble scratch

ボイスパーカッション(以下ボイパ)・ビートボックスのパフォーマンスでは、ビートの切り換えや終わりにアナログテープを巻き取るような音を、しばしば耳にします。これは、バブルスクラッチという音です。

バブルスクラッチは、実物のドラムセットやパーカッションにはない特殊な音のため、パフォーマンスの〆に組み込むと、ビートが引き締まります。人によっては、5秒、10秒と続けることができるため、ビートボクサーの技量が試される音でもあります。

しかしながら、口だけを使ってあのような高くて細かい音が出せるということは、にわかに信じられません。音の出る仕組みが想像できないため、とりわけ初心者にとっては、難易度が高く感じられます。

では、バブルスクラッチは、どのようにすればよいのでしょうか?

続きを読む

ボイパでこんな音まで!?ジッパーサウンドのやり方

zipper sound

ボイスパーカッション(以下ボイパ)・ビートボックスのパフォーマンスを聴くと、たまに服のジッパーを開けたり閉めたりするような音が聴こえます。これは、ジッパーサウンドと呼ばれる音です。読んで字の如く、ジッパーを上下したときの音に似ているため、ジッパーサウンドと付けられました。

ジッパーサウンドは息を吸いながら出す音のため、リズムパターンに組み込むと効率よく息継ぎができます。しかしながら、ジッパーサウンドを出す際の口元を見ても、動作があまりないため、どのように音が出ているか、いまいちわかりません。

では、ジッパーサウンドは、どのようにすればよいのでしょうか?

続きを読む

歯笛がボイパやビートボックスの鍵となる!サンバホイッスルのやり方

samba whistle for beatbox

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)やビートボックスで、サンバホイッスルの音がきれいに響かないと悩んでいませんか?

これは、サンバホイッスルに必要な歯笛ができていないためであると考えられます。歯笛ができていなければ、サンバホイッスルの高音も再現できません。

下の音源は、このページで身につけるサンバホイッスルです。

このページでは、初心者の方でも簡単に身につけることができるサンバホイッスルを紹介します。

続きを読む

ボイパが早く上達するたった1つのコツ!スタンバイのやり方

this is used by beatboxer to play voice percussion

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)、ビートボックスの音が弱々しくて悩んでいませんか?

また、ビートを刻むときに息を調整できないため、すぐに苦しくなっていませんか?

これらの原因は、スタンバイができていないためであると考えられます。スタンバイとは、ボイパやビートボックスの準備動作です。スタンバイを身につけることで、音を大きくしたり、息の量を調整したりできます。

下の音源は、スタンバイなしとありの比較です。最初の音がスタンバイなし、次の音がスタンバイありの音です。

音源からもわかるとおり、スタンバイは、ボイパやビートボックスの上達に必須の技術です。このページでは、ボイパ、ビートボックスが早く上達するコツであるスタンバイのやり方を紹介します。

続きを読む