ボイパには必要不可欠!低くて力強いバスドラムのやり方

the bass drum of voice percussion

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)のバスドラムが軽くて芯のない音になる、と悩んでいませんか?

この原因は、バスドラムに必要な空気が足りないことが挙げられます。口の先端に空気を十分に集めることができれば、重くて固いバスドラムを鳴らせます。

下の音源は、このページで身につけるバスドラムの音です。

このページでは、どなたでも簡単に身につけることができるバスドラムを紹介します。

バスドラムのやり方|ボイスパーカッション(ボイパ)

They are used by beatboxer to play the bass drum of voice percussion.

このページで紹介する練習は、以下の5つのステップで構成されます。

  1. 参考音源を聴いて、目指すべき音をイメージする
  2. 「バカ」と発音する
  3. 子音だけで「バカ」と発音する
  4. スタンバイからバスドラムを鳴らす
  5. バスドラムでビートを刻む

練習に入る前に、スタンバイができない方は以下の記事を参考にして練習しましょう。

それでは、ひとつずつ紹介します。

参考音源を聴いて、目指すべき音をイメージする

上に貼ってある音源が、ボイパのバスドラムとなります。練習中に目指すべき音が迷子になるようであれば、ここに戻って音源を聴きましょう。

「バカ」と発音する

「バカ」と声に出して発音します。「バ・カ」のように一文字ずつはっきりと発音するように心がけましょう。ポイントとしては、

  • 『バ』の前に『ッ』を入れて発音する

ことです。『バ』と発音するとき、唇の摩擦による破裂音が聴こえるはずです。これが、バスドラムの感覚となります。

子音だけで「バカ」と発音する

子音だけで「バカ」と発音します。子音だけなので、声を出しません。慣れてきたら、

  • 『バ』で発音を止める

ようにしましょう。これが、バスドラムを出す口の状態です。

スタンバイからバスドラムを鳴らす

口の中でスタンバイをつくったら、『バ』と子音だけで発音します。スタンバイにより口の先端部分に空気が集まっているため、より大きな破裂音が鳴ります。どうしてもできないという方は、

  • 息だけで発音する
  • 『バ』と発音する前に、『ッ』を入れる

ようにすると改善されます。『バ』の音でバスドラムが鳴らせたら、『ブ』や『ボ』の音で練習しましょう。バスドラムの音色を増やすことで、ビートの幅が広がります。

バスドラムでビートを刻む

参考として、バスドラムのみで刻む簡単な8ビートを紹介します。

eight beat sample of voice percussion using the bass drum

音源の後半が、図の8ビートとなります。バスドラムを鳴らせれば、誰でもできるリズムパターンです。練習の仕上げとして、8ビートを刻みましょう。

まとめ

They are used by beatboxer to play the bass drum of voice percussion.

このページでは、バスドラムのやり方を紹介しました。

  1. 参考音源を聴いて、目指すべき音をイメージする
  2. 「バカ」と発音する
  3. 子音だけで「バカ」と発音する
  4. スタンバイからバスドラムを鳴らす
  5. バスドラムでビートを刻む

バスドラムは、リズムを支えるうえで欠かせない存在です。そのため、バスドラムの音色ひとつで曲の印象が大きく変わります。豊かな表現力を得るためにも、力強いバスドラムを身につけましょう。

バスドラムのほかにも、ボイパには多くの音があります。詳しくは『ボイスパーカッション(ボイパ)のやり方と練習方法のすべて』にまとめてありますので、合わせてご覧ください。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

アカペラ編曲家によるアカペラ楽譜のオーダーメイド

She is writing a cappella score.

Groovy grooveでは、誰よりもお客様目線で、どこよりも手間暇かけて、アカペラ楽譜を制作いたします。

アカペラのボイスパーカッション(ボイパ)をしているあなたは、自身の演奏に物足りなさを感じていませんか?この原因は、もしかするとあなたが演奏している楽譜にあるかもしれません。

ベースラインが単調すぎる
コーラスがロングトーンしか歌わないため、リズムを感じにくい
ボイパを考えた楽譜にアレンジされていない

など、楽譜のアレンジから、あなたの演奏を改善することができます。各パートがお互いにかみ合ったアレンジは、あなたの実力を存分に発揮させるでしょう。

アカペラ楽譜制作のご依頼の相談は、無料にてご案内しております。詳しくは、以下のボタンよりお進みください。

詳しく見る

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*