ボイパでもロール音を!5ステップでできるハイハットロール

This image means the Hi-Hat roll.

ドラムの演奏でも、ボイスパーカッション(以下ボイパ)・ビートボックスの演奏でも、ロール音は、ビートを細かく刻みたいときや曲を盛り上げたいときに重宝します。

中でも、ビートの要であるハイハットは、ロール音との相性は抜群です。リズムパターンに組み込むだけで、ビートに疾走感が生まれます。

しかしながら、ハイハットロールのやり方と言われても、いまいちピンときません。ハイハットの音を連打しようにも、歯切れの悪い演奏になるばかりです。

では、ハイハットロールは、どのようにすればよいのでしょうか?

5ステップでできるハイハットロール

He is learning the Hi-Hat roll.

ビートに疾走感を与えるロール音は、特にハイハットとの相性が抜群です。しかし、そうは言ったものの、ハイハットを単に連打しているようでは、ハイハットロールを再現できません。

ボイパ・ビートボックスで、ハイハットロールを出すためには、次の5つの練習が必要となります。

  1. ハイハットを出せるようになる
  2. ハイハットロールの音を聴くことで、目指すべき音をイメージする
  3. 息を吸いながら巻き舌をする
  4. 口を使って金属音を再現する
  5. リズムパターンに組み込む

以上の練習をこなせば、あなたもハイハットロールの音を出せるようになるでしょう。では、ひとつずつ見ていきます。

ハイハットを出せるようになる

この記事で紹介するロール音は、ハイハットのロール音です。そのため、ハイハットの音を出せるようになっていると効率よく練習を進めることができます。ハイハットの音を出せなくても、ハイハットロールは出せますが、ハイハットの音を出せるか出せないかでは、完成した音の質に差が生じてしまいます。

もし、あなたがハイハットの音を出せなくても心配入りません。ハイハットは、初心者の方でも出しやすい音ですので、練習すればすぐに習得できるでしょう。過去に、ハイハットのやり方や練習に関する記事を書きましたので、参考にしながら練習してみてください。

ハイハットロールの音を聴くことで、目指すべき音をイメージする

さて、ここからは、ハイハットロールを出すための練習に入ります。まずは、ハイハットロールの音を聴いて、あなたがどのような音を出すべきなのかイメージしましょう。

ここでは、ハイハットロールの音をまったく知らない方でもイメージしやすいように、ボイパ・ビートボックスでの演奏を参考にします。このハイハットロールの音をリズムパターンに組み込むビートボクサーとしてPentatonixのKevinが挙げられます。Kevinのハイハットロールは、繊細の音でありながら違和感なくリズムパターンに組み込まれています。

まずは、Carol of the Bellsの動画を見てください。曲の開始早々ハイハットロールを組み込んだビートがあります。

次は、Aha!の動画を見てください。2:25付近の演奏からハイハットロールを組み込んだビートがあります。大サビ前にも長めのロール音がありましたね。

では、ハイハットロール単体の音はどうなっているのでしょうか?下の音源を聴いてみましょう。

さて、しっかりと頭の中でイメージできましたか?まだあなたの中で出すべき音がイメージできないようであれば、もう一度聴いてみましょう。

息を吸いながら巻き舌をする

目指すべき音を明確にイメージできるようになりましたら、次はハイハットロールの音を出す感覚をつかんでいきます。

ハイハットロールの核となる連打音は、巻き舌をすることで再現しています。ここでポイントとなるのが、通常の巻き舌、つまり息を吐きながらする巻き舌とは異なり、ハイハットロールでは息を吸いながら巻き舌をするということです。

では、息を吸いながら巻き舌をするために、ひとつずつ練習していきましょう。まずは、息を吐きながらの巻き舌です。おそらくほとんどの方が一度は挑戦してみたことでしょう。舌を口の上側にくっつけ息を吐きます。「らー」や「るー」と発音しながら舌を巻くと、コツをつかみやすいです。

次は、息を吸いながらの巻き舌です。こちらの場合、舌を手前に折ります。すると、舌の先端の裏側が、口の上側にくっつくはずです。この状態で息を吸いましょう。うまくいくと、息を吸いながらでも巻き舌ができるはずです。

思うように巻き舌ができないという方は、吸う息の量を調整してみてください。口の形状は人によって異なるため、その人に最適な息の量があります。あなたにとって最適な息の量を探しましょう。

口を使って金属音を再現する

息を吸いながらの巻き舌に成功したら、次はハイハットの音に近づけます。今のままですと、鈍くて重い音のため、ハイハットの音には似つかないですね。この音に、金属音を加えることで、よりハイハットらしい音へと調整するのです。

では、最初に前歯で下唇に軽く触れてください。触れるか触れないか程度で構いません。この状態で、息を吸いながら巻き舌をしましょう。すると、先ほどまでとは異なり、鋭くて軽快な音がします。ここまでくれば、完成まであと一歩です。前歯と下唇のすき間や触れる位置を調整して、理想の音に近づけましょう。

うまくできないという方は、口を開けた状態から前歯と下唇を徐々に近づけていくことをオススメします。このやり方ですと、確実に音のなるポイントを見つけることができます。ポイントが見つかれば、あとは調整するだけです。焦らず確実にこなしましょう。

リズムパターンにハイハットロールを組み込む

これまでの練習のまとめとして、ここではハイハットロールをリズムパターンに組み込んでみましょう。ハイハットロールの音を出せるようになることと、ビートを刻めるようになることは話が別です。せっかくのハイハットロールを活かせるように、あなたのビートに組み込んで練習しましょう。

下に音の組み立て方と参考音源を載せておきます。まずは基本を押えてから、あなた好みのビートにアレンジしましょう。

8beat

8ビート

発展

「8ビートの刻み方がわからない」という方は、以下の記事を参考に練習しましょう。

また、今回例として載せた8ビートには、バスドラムとKスネアの音があります。これらの音を出せない方は、以下の記事を参考に練習しましょう。

まとめ

ビートを刻む主役であるハイハットは、ロール音との相性が抜群です。ハイハットロールを組み込むだけで、あなたのビートに疾走感が加わることでしょう。しかしながら、ロール音の核となる連打を再現できず、途方に暮れてしまう方も少なくないでしょう。

ボイパ・ビートボックスでハイハットロールを出すには、次の5つの練習が必要です。

  1. ハイハットを出せるようになる
  2. ハイハットロールの音を聴くことで、目指すべき音をイメージする
  3. 息を吸いながら巻き舌をする
  4. 口を使って金属音を再現する
  5. リズムパターンに組み込む

ハイハットロールを出すために、一番の壁となるのが息を吸いながら巻き舌をすることでしょう。これにはコツがいるため、習得するには時間がかかるかもしれません。しかし、息を吸いながらの巻き舌ができれば、ハイハットロールの完成は目の前です。もどかしく感じるかと思いますが、地道にがんばりましょう。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

アカペラ編曲家によるアカペラ楽譜のオーダーメイド

She is writing a cappella score.

Groovy grooveでは、誰よりもお客様目線で、どこよりも手間暇かけて、アカペラ楽譜を制作いたします。

アカペラのボイスパーカッション(ボイパ)をしているあなたは、自身の演奏に物足りなさを感じていませんか?この原因は、もしかするとあなたが演奏している楽譜にあるかもしれません。

ベースラインが単調すぎる
コーラスがロングトーンしか歌わないため、リズムを感じにくい
ボイパを考えた楽譜にアレンジされていない

など、楽譜のアレンジから、あなたの演奏を改善することができます。各パートがお互いにかみ合ったアレンジは、あなたの実力を存分に発揮させるでしょう。

アカペラ楽譜制作のご依頼の相談は、無料にてご案内しております。詳しくは、以下のボタンよりお進みください。

詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*