ボイパが早く上達するたった1つのコツ!スタンバイのやり方

this is used by beatboxer to play voice percussion

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)、ビートボックスの音が弱々しくて悩んでいませんか?

また、ビートを刻むときに息を調整できないため、すぐに苦しくなっていませんか?

これらの原因は、スタンバイができていないためであると考えられます。スタンバイとは、ボイパやビートボックスの準備動作です。スタンバイを身につけることで、音を大きくしたり、息の量を調整したりできます。

下の音源は、スタンバイなしとありの比較です。最初の音がスタンバイなし、次の音がスタンバイありの音です。

音源からもわかるとおり、スタンバイは、ボイパやビートボックスの上達に必須の技術です。このページでは、ボイパ、ビートボックスが早く上達するコツであるスタンバイのやり方を紹介します。

スタンバイのやり方|ボイスパーカッション(ボイパ)

The microphone is used by beatboxer to play voice percussion.

スタンバイのやり方は、以下の4つです。

  1. 「はっぱ」と発音する
  2. 『ぱ』と発音する直前で止める
  3. 口の中でスタンバイの状態をつくる
  4. スタンバイの状態から破裂音を鳴らす

「スタンバイってなに?」という方は、以下の記事も合わせて読むことをおすすめします。

それでは、ひとつずつ説明します。

このページでいう破裂音とは、バスドラムスネアドラムの音を指します。

「はっぱ」と発音する

まずは、「はっぱ」と発音しましょう。ポイントは、「は・っ・ぱ」のように一文字ずつ区切って発音することです。「はっぱ」の『ぱ』と発音する直前の口の状態が、スタンバイの状態です。このとき、

  • 口の先端部分に空気がたまっている

ことに気がつくはずです。これが、スタンバイの感覚となります。

『ぱ』を発音する直前で止める

「はっぱ」の『ぱ』の直前で発音を止めます。このとき、『ぱ』と発音する代わりに

  • 口の先端に空気をぶつける

ようにイメージしましょう。これが、スタンバイから破裂音を出す感覚となります。

口の中でスタンバイの状態をつくる

「は・っ」と発音せずに口の先端に空気を集めます。どうしてもできないという方は、

  • 心の中で「は・っ」と発音する

とスタンバイの状態をつくりやすいです。ここで、予備動作なしのスタンバイを身につけましょう。

スタンバイの状態から破裂音を鳴らす

破裂音は、『ば、ぶ、ぼ』と『ぷ』を使って練習します。これらは、それぞれ

  • バスドラム(ば、ぶ、ぼ)
  • スネアドラム(ぷ)

の音につながります。ポイントは、子音だけで発音することです。破裂音は、唇の摩擦によって生じる音のため、声は必要ありません。

まとめ

This is used by beatboxer to play voice percussion.

このページでは、スタンバイのやり方を紹介しました。

  1. 「はっぱ」と発音する
  2. 『ぱ』と発音する直前で止める
  3. 口の中でスタンバイの状態をつくる
  4. スタンバイの状態から破裂音を鳴らす

スタンバイさえ抑えておけば、音色や息の調整の悩みから解放されます。これらのことで悩んでいる方は、ぜひ練習してみましょう。

スタンバイができるようになったら、バスドラムやハイハットなどの音も見直すと、よりよい演奏ができるでしょう。詳しくは『ボイスパーカッション(ボイパ)のやり方と練習方法のすべて』にまとめてありますので、合わせてご覧ください。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

アカペラ編曲家によるアカペラ楽譜のオーダーメイド

She is writing a cappella score.

Groovy grooveでは、誰よりもお客様目線で、どこよりも手間暇かけて、アカペラ楽譜を制作いたします。

アカペラのボイスパーカッション(ボイパ)をしているあなたは、自身の演奏に物足りなさを感じていませんか?この原因は、もしかするとあなたが演奏している楽譜にあるかもしれません。

ベースラインが単調すぎる
コーラスがロングトーンしか歌わないため、リズムを感じにくい
ボイパを考えた楽譜にアレンジされていない

など、楽譜のアレンジから、あなたの演奏を改善することができます。各パートがお互いにかみ合ったアレンジは、あなたの実力を存分に発揮させるでしょう。

アカペラ楽譜制作のご依頼の相談は、無料にてご案内しております。詳しくは、以下のボタンよりお進みください。

詳しく見る

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*