ボイパの幅を広げよう!硬い音色のリムショットのやり方

the rim shot for voice percussion

あなたは、ボイスパーカッション(以下ボイパ)やビートボックスのリムショットの音が、全然硬い音にならないと悩んでいませんか?

この原因は、舌を使いこなせていないためであると考えられます。リムショットの硬い音は、舌をはじくことで表現するため、息や声を頼りに出していては理想の音には近づけないでしょう。

下の音源は、このページで身につけるリムショットです。

このページでは、初心者の方にも簡単に身につけることができるリムショットを紹介します。

リムショットのやり方|ボイスパーカッション(ボイパ)

He is playing the rim shot for voice percussion.

このページで紹介する練習は、以下の5つのステップで構成されます。

  1. 参考音源を聴いて、目指すべき音をイメージする
  2. 息だけで「カッ」と発音する
  3. 舌で口の上側をはじきつつ「カッ」と発音する
  4. 「カッ」と発音する口の状態で舌をはじく
  5. リムショットでビートを刻む

それでは、ひとつずつ紹介します。

リムショットとは、スネアドラムの演奏方法のひとつです。スティックでスネアドラムのふち(リム)をたたくことで、リムショットの音が鳴ります。

参考音源を聴いて、目指すべき音をイメージする

上の音源が、ボイパでのリムショットです。練習中に目指すべき音が迷子になるようであれば、ここに戻って音源を聴きましょう。

息だけで「カッ」と発音する

まずは、息だけで「カッ」と発音します。このとき、

  • 舌の中腹部と口の上側が触れ合っている

ことを確認できるはずです。これが、リムショットの感覚となります。なかなか感覚をつかめない方は、

  • ゆっくりと発音する

ように心がけましょう。そうすることで、舌の動きを把握しやすくなります。

舌で口の上側をはじきつつ「カッ」と発音する

舌の中腹部と口の上側をくっつけてください。このとき、

  • 舌で口の上側を押し返すようにイメージする

と効果的です。あと少し力を加えたら舌が動いてしまうような状態をつくりましょう。

次に、この状態から舌で口の上側をはじきつつ「カッ」と発音します。すると、舌と口の摩擦音が加わり、硬い音が出ます。これが、硬いリムショットを出すために必要な口の動きです。硬い音が出ないという方は、舌ではじきつつ発音するのではなく

  • 舌ではじいてから発音する

と、舌と口の摩擦音をしっかりと確認できるはずです。

「カッ」と発音する口の状態で舌をはじく

「カッ」と発音する口の状態で舌をはじきましょう。ポイントは、

  • 実際には「カッ」と発音しない

ことです。すると、はじけるような硬い音が鳴るはずです。これで、リムショットの音が完成しました。

リムショットを組み込んだビートを刻む

参考として、リムショットを用いた簡単な8ビートを紹介します。

eight beat sample of voice percussion using the rim shot

音源の後半が、図の8ビートとなります。リムショットを鳴らせれば、誰でもできるリズムパターンです。練習の仕上げとして、8ビートを刻みましょう。

まとめ

This is used by beatboxer to play the rim shot for voice percussion.

このページでは、リムショットのやり方を紹介しました。

  1. 参考音源を聴いて、目指すべき音をイメージする
  2. 息だけで「カッ」と発音する
  3. 舌で口の上側をはじきつつ「カッ」と発音する
  4. 「カッ」と発音する口の状態で舌をはじく
  5. リムショットでビートを刻む

リムショットは、バスドラムスネアドラムと出し方が異なるため、コツが必要となります。しっかり練習して、表現の幅を広げましょう。

リムショットのほかにも、ボイパには多くの音があります。詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、合わせてご覧ください。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

アカペラ編曲家によるアカペラ楽譜のオーダーメイド

She is writing a cappella score.

Groovy grooveでは、誰よりもお客様目線で、どこよりも手間暇かけて、アカペラ楽譜を制作いたします。

アカペラのボイスパーカッション(ボイパ)をしているあなたは、自身の演奏に物足りなさを感じていませんか?この原因は、もしかするとあなたが演奏している楽譜にあるかもしれません。

ベースラインが単調すぎる
コーラスがロングトーンしか歌わないため、リズムを感じにくい
ボイパを考えた楽譜にアレンジされていない

など、楽譜のアレンジから、あなたの演奏を改善することができます。各パートがお互いにかみ合ったアレンジは、あなたの実力を存分に発揮させるでしょう。

アカペラ楽譜制作のご依頼の相談は、無料にてご案内しております。詳しくは、以下のボタンよりお進みください。

詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*