歌唱力向上には必須!?横隔膜を使う腹式呼吸とは?

カラオケの普及により、老若男女問わず歌を歌う機会が増えています。ストレスを発散する人やみんなで歌って楽しむ人など様々です。その中には、あなたのように歌を練習している人も少なくありません。

歌唱力を上げるために、歌が上手な人にアドバイスをもらったり、インターネットで調べたりしたことでしょう。すると、みんなが口をそろえて「歌の基本は腹式呼吸だ」と言います。しかしながら、なじみのない単語のため、イメージがわきませんね。

では、腹式呼吸とはどのような呼吸なのでしょうか?

それは、横隔膜を使って空気を供給する呼吸法です。

横隔膜を使う腹式呼吸とは?

歌を練習していると、『腹式呼吸』という単語を必ず耳にします。調べてみると、なにやら歌の基本ということは伝わってきます。しかしながら、聞きなれない単語のため、イメージがわきません。

腹式呼吸とは、どのような呼吸法なのでしょうか?

それは、横隔膜を使って空気を供給する呼吸法です。この呼吸法は、歌唱力向上のために必須の呼吸法です。その理由は次の3つです。

  1. 声帯をリラックスさせる
  2. 息を安定して供給できる
  3. 体を支えることができる

これらの理由を、普段何気なく行っている胸式呼吸と比べながら、説明していきます。それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

胸式呼吸とは、肺を覆っている肋骨が広がることにより、肺に空気を入れる呼吸法です。特に意識しなければ、多くの場合が胸式呼吸をしています。

声帯をリラックスさせる

歌を歌うには、声帯やのどまわりの筋肉をリラックスさせることは、非常に重要です。伸びやかな高音や広がりのある歌声を出すには、声帯が緊張していては出せません。

胸式呼吸の場合、呼吸のときに胸や肩、首の筋肉を使います。肩や首の筋肉はのどに近いため、当然声帯やのどまわりが緊張します。これが、のどのしまる原因となるのです。

腹式呼吸の場合は、呼吸のときに肩や首などの筋肉を使いません。横隔膜を下げることで空気を供給しているため、筋肉が緊張することがないのです。そのため、声帯やのどのまわりもリラックスした状態が保たれます。

このリラックスした状態が、美しい歌声につながるのです。

息を安定して供給できる

感情の表現として歌声の音量に差があってもかまいませんが、聴いていて違和感を覚える音量の変化は、かえって聴き苦しいものです。歌声とは、息が変化したものです。歌声の基となる息が安定して供給できなければ、違和感を覚える音量の変化につながります。そのため、一定の息の量で歌うことは大切です。

胸式呼吸の場合、呼吸の際に肩が上がります。このとき、肺が上へと広がり、空気が供給されます。一定の息を吐くためには、広げた肺を徐々に戻す必要があります。しかし、肩を上げて広げた肺を徐々に戻すために、息と合わせて肩を下げるのは至難の業です。そのうえ、筋肉が緊張しているため、息のコントロールはさらに難しくなります。

腹式呼吸の場合は、横隔膜を下げることにより、肺を下へと広げます。吐く息の量をコントロールするためには、下がった横隔膜を元に戻せばよいのです。一見すると難しいように感じますが、要は横隔膜を下げた際に出てきたお腹を、元に戻せば問題ありません。当然のように、息を吐けば勝手にお腹は元に戻ります。そのため、腹式呼吸でいったん息を吸えれば、あとは勝手に体が動いてくれるのです。

体を支えることができる

おおよそすべてのスポーツにおいて、重心を下げて体を支えることが大切であると言われます。重心を下げなければ体は安定しません。フラフラな状態で、ボールを蹴ったり、バットを振ることはできません。これは、歌でも同じことです。体を支えることができなければ、よい歌声には決してつながりません。

胸式呼吸の場合、呼吸の際に肩が上がりますね。重心が、体の上寄りになるため安定しません。これでは、歌うために体を支えることができません。

腹式呼吸の場合は、横隔膜を下げることで重心が下寄りになります。重心が下がるため、体を安定して支えることができるのです。

まとめ

腹式呼吸は、歌の基本とも言えます。しかしながら、多くの人はなじみのない言葉なため、どのような呼吸なのかイメージがわきません。

腹式呼吸とは、横隔膜を使って空気を供給する呼吸法です。この腹式呼吸は、歌唱力を向上させるために必須の呼吸法です。その理由は次の3つです。

  1. 声帯をリラックスさせる
  2. 息を安定して供給できる
  3. 体を支えることができる

以上のことから、腹式呼吸はどのようなものなのかイメージがわいてきたと思います。

次回は、実際に腹式呼吸のやり方を紹介していきます。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*