音域を広げよう!裏声を格段に鍛える4つの練習方法

高い音を出せる裏声は、歌う上で必須の技術です。特に男性の場合、裏声を出せるようになると歌える音域が広がります。しかしながら、裏声を出せるからといって必ずしも歌の中で使いこなせるとは限りません。

裏声を鍛えていなければ、裏声の声量が足りなかったり、かすれるような声質になったりします。もしかしたら、あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。ここでは、裏声を鍛えるための練習方法を紹介します。

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、裏声を鍛えるならBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う私も、無料体験レッスンで歌声の悩みが解決しました。

地道に独学ボイトレに励むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

裏声を格段に鍛える4つの練習方法

ここで紹介する裏声を鍛える練習方法は、次の4つです。

  1. ハミング(鼻歌)で曲を歌う
  2. 息もれのある裏声を出す
  3. 息もれのない裏声を出す
  4. 地声と裏声を切り替える練習をする

まだ裏声の出し方がわからないという方は、以下の記事を参考に練習してみましょう。

ハミング(鼻歌)で曲を歌う

ハミング(鼻歌)は、その名の通り口を閉じて鼻から音を出す歌い方です。ハミングで歌う際には、のどや首などに余計な力を入れずに歌うことができます。そのため、リラックスした状態で練習できるだけではなく、ボイストレーニングをする前のウォーミングアップにも適しているのです。

それでは、具体的な練習方法に入ります。まずは、あなたの好きな曲の中から「この曲は高すぎて、地声だけでは歌えない」という曲を一曲選びましょう。その“地声だけでは歌えない”パートを、裏声を使いハミングで歌います。ほんのワンフレーズで十分です。そのフレーズをハミングで繰り返し練習します。

裏声を使いハミングでスムーズに歌いきれるようになりましたら、次に進みます。今度は先ほど選んだ曲をフルで歌います。もちろん、すべてのフレーズをハミングで歌ってくださいね。

このとき注意することは、地声で出せそうにない高い音を無理に地声で出さないことです。好きな曲を歌っていると、ついつい気がノッてしまいがちです。その勢いで高い音を無理やりひねり出すように歌っては、せっかくの練習も効果のうすいものになります。少しでも苦しさを感じたのなら、すぐに裏声に切り替えましょう。

息もれのある裏声を出す

ハミングでのウォーミングアップを終えたのなら次に進みましょう。ここでは、息もれのある裏声の練習をします。息もれのある裏声とは、息の成分が多い裏声です。息もれのある裏声は通常の裏声とは異なり、か細くて頼りない音色です。

息もれのある裏声は、裏声を鍛えるには最も適した練習方法です。のどに余計な力をかけずに、裏声を出すために使う筋肉を鍛えることができます。

では、具体的な練習方法です。前回の記事(1日たったの5分でマスター!誰でもできる裏声の出し方)でも練習したように、フクロウの鳴きまねをします。このとき、息の成分を多めにすることを忘れないでください。しっかりと息をもらしつつ、裏声を出しましょう。

フクロウの鳴きまねを3分ほど練習したら、次は音階練習です。ひとつひとつの音を練習することで、音域を広げていきましょう。以下に練習用の音源を載せておきます。参考にしてみてください。

男性用練習音源|mid2F-hiC

 

女性用練習音源|hiC-hiG

 

ここでの練習でも、無理に声を振り絞らないように注意しましょう。少しでも苦しいと感じたのなら、歌わないでください。まずは、あなたが無理なく出せる音域で練習しましょう。

息もれのない裏声を出す

息もれのある裏声での練習を終えたのなら、次は息もれのない裏声を練習します。歌でよく聴くような裏声は、多くの場合が息もれのない裏声です。

しかしながら、いきなり「息もれのない裏声を出してみよう!」と言われても、すぐにはできないですよね。裏声を練習して間もないと、出そうにも出せないのが現実です。僕もはじめは全く出せませんでした。

ここでは、息もれのない裏声に少しずつ慣れながら鍛えていきます。まずは、あなたの楽な裏声の音域で「マァーマァー」や「ウーウー」と歌ってみましょう。これらの音は、自然と息もれのない裏声になりやすい音です。「息もれをなくそう」と意識せずに、リラックスして歌いましょう。

すると、徐々に響きのある歌声に変化するはずです。息もれのある裏声と異なり、芯のある裏声になったら合格です。これが、息もれのない裏声となります。

息もれのない裏声を出せるようになりましたら、次は音階練習です。こちらも以下に練習用の音源を用意しましたので、参考にしてみてください。

男性用練習音源|mid2F-hiC

 

女性用練習音源|hiC-hiG

 

どうしても息もれのない裏声が出ないという方は、裏声を出すための筋肉が起きていない可能性があります。その場合は、ひとつ前に戻り息もれのある裏声を練習しましょう。息もれのない裏声は、一朝一夕で出せるようにはなりません。もどかしく感じるかとは思いますが、地道に練習しましょう。

地声と裏声を切り替える練習をする

息もれのない裏声も十分に鍛えることができたのなら、仕上げに入ります。ここでは、地声と裏声をスムーズに切り替える練習をします。地声と裏声の境目は、声が裏返ったり、声量が極端に小さくなったりします。あなたも、このような苦い経験があるかもしれません。しかし、ここでの練習を丁寧にこなすことで、これらの問題を解決できます。焦らず、じっくりと取り組みましょう。

では、具体的な練習方法に入ります。まずは、地声で無理なく出せる最高音を出しましょう。その音を出したまま、少し音を上げて裏声に切り替えます。裏声に切り替えたら、今度は音を元に戻して地声に切り替えます。

このように、地声、裏声、地声、裏声・・・と交互に発声しましょう。救急車のサイレンのイメージです。はじめは、思うように切り替えられないかもしれません。焦らず、丁寧に練習しましょう。

地声と裏声の境目での切り替えに慣れてきたら、次は音階練習に移ります。ここでは、息もれのない裏声を発声しやすいように、「マァー」と発音しましょう。以下に練習用の音源を載せておきますので、参考にしてみてください。

男性用練習音源|mid2C-hiC

 

女性用練習音源|mid2G-hiG

まとめ

裏声を出せるようになると、高音の発声を実現してくれます。しかしながら、裏声を出せるからといって、歌で使い物になるとは限りません。日ごろから裏声を鍛えていなければ、声量が足りない、かすれるような声質になったりします。

このような問題を解決するためには、裏声を鍛える必要があります。裏声を鍛えるためには、次の4つの練習が有効です。

  1. ハミング(鼻歌)で曲を歌う
  2. 息もれのある裏声を出す
  3. 息もれのない裏声を出す
  4. 地声と裏声を切り替える練習をする

裏声がどうしてもキレイに出せない、という人はボイストレーニングに行くこともひとつの手段です。僕自身、裏声が出せても歌で使い物にならず長年困ってました。そんな中、将来の投資としてボイストレーニングに通うことに。結果、好きな曲を自由に歌うことのできる裏声を手にしました。

このページで紹介している練習方法も、ボイストレーニングで学んだことを参考にしてます。「思うように裏声が出ない」とあれこれ悩むのであれば、ボイストレーニングに通うべきです。無料体験もあるので、気軽に始められますよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*