リップロールの効果が2倍に!簡単すぎる3つの練習方法

lip roll

唇を「ブルブル」と振動させるリップロールは、初心者でもすぐにできるお手軽なボイストレーニングです。時間や場所を選ばないため、ふとした空き時間にボイトレをすることができます。

あなたは、どのようなリップロールの練習をしていますか?

もしかしたら、自身の楽な音域を出すだけの練習になっているかもしれません。リップロールは、練習方法によって、得られる効果が2倍にも3倍にもなります。

では、効果的なリップロールをするには、どのような練習をすればよいのでしょうか?

リップロールの効果が2倍に!簡単すぎる3つの練習方法

She is learning the lip roll.

リップロールは、どこでも気軽にできるボイストレーニングのひとつです。自宅や車の中など、お手軽にボイトレをすることができます。そのうえ、練習方法によって、期待できる効果が2倍にも3倍にもなるのです。その練習方法というのが、次の3つです。

  1. のど仏を下げながら、リップロールをする
  2. リップロールで音階練習をする
  3. 曲に合わせて、リップロールをする

「リップロールで得られる効果がわからない」という方は、以下の記事を参考にしてください。

また、「リップロールのやり方がわからない」という方は、以下の記事を参考にしてください。

のど仏を下げながら、リップロールをする

響きのある歌声には、のどの開いた発声が必要不可欠です。のどが開いているか確認する目安のひとつとして、のど仏があります。のどが開いていない発声ですと、音域が上がるにつれてのど仏も上がるため、のどが絞まった苦しそうな声になります。のどを絞めた発声を克服するためには、のどを開く必要があるのです。

リップロールをすると、のどや声帯は常にリラックスした状態となります。このとき、余計な力が入らないようにのど仏を下げれば、のどの開いた発声ができます。

ポイントは、のど仏を“下げる”というよりも、“上がらないようにする”というイメージで練習することです。のど仏を無理に下げようとすると、力が入ってしまうため、のどの絞まった発声を招きます。鏡を見ながら、のど仏が高音に引っ張られないよう練習しましょう。

リップロールで音階練習をする

カラオケの採点を見てもわかるとおり、音程は歌の完成度を示すひとつの指標です。音感があれば、正しい音程をとることに大きな苦労を必要としません。

息を整えるリップロールで音階練習をすることにより、音程をとるために必要な音感も鍛えることができます。以下に練習用の音源を載せておきますので、参考にしてください。

男性用練習音源|mid2C-hiC

女性用練習音源|mid2G-hiG

曲に合わせて、リップロールをする

歌は、常に音程の変化するものです。音程が変化すれば、もちろん呼気圧も微調整が必要です。

音階練習では、音が上がり続けるか下がり続けるかのふたつしかありませんでした。そこで、リップロールを実際の曲に合わせて練習することで、音程の変化への対応力を鍛えます。練習に使う曲は、どんな曲でも構いません。あなたの好きな曲や現在練習している曲、苦手なジャンルの曲など様々な曲で練習しましょう。

曲に合わせて練習することにより、その曲に必要な呼気圧も養えます。バラードとアップテンポな曲を比べると、フレーズの長さやブレスの間隔などが、まったく異なりますね。曲に合わせて練習することは、その曲に必要な呼気圧が自然と身に付くということなのです。

ポイントは、ひとつひとつのフレーズをリップロールで歌いきることです。もし、フレーズの途中で切れるようであれば、呼気圧の調整ができていないことになります。はく息の量は一定か、フレーズにより声量に大きな差はないか確認しましょう。

まとめ

They are used by a singer to learn the lip roll.

時間や場所を気にせずできるリップロールは、練習方法によって、さらに効率よくボイストレーニングができます。ここでは、ひと手間加えることで、倍以上の効果が期待できる3つの練習方法を紹介しました。

  1. のど仏を下げながら、リップロールをする
  2. リップロールで音階練習をする
  3. 曲に合わせて、リップロールをする

練習方法次第で、ボイストレーニングの質は大きく変わります。歌唱力の向上に近道はありません。しかしながら、効率よく練習することで目標に早く到達することはできます。

あなたのもっている技術や個性を活かすためにも、工夫しながら練習していきましょう。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*