プロもやってる!ボイトレには欠かせないリップロールとは?

lip roll

ボイストレーニングをしていると、“腹式呼吸”や“裏声”といった単語をよく目にします。これらのことは、音域を広げて豊かな歌声を身に付けるには必須のものです。

しかしながら、腹式呼吸や裏声を身に付けたからといって、必ずしも歌唱力が向上するというわけではありません。あなたも、歌の途中で声がつまる、フレーズの最後まで息が続かないという経験はありませんか?

これらの原因は、のどや声帯に余計な力が入っている、空気をはく量が一定でないなどのことが考えられます。

では、力まずにフレーズの最後まで歌いきれる発声を身に付けるには、どのようなボイストレーニングをすればよいのでしょうか?

プロもやってる!ボイトレには欠かせないリップロールとは?

She is learning lip roll.

腹式呼吸や裏声は、豊かな発声に必須のことですが、必ずしも歌唱力が向上するというわけではありません。高い音域の歌を歌えるようになっても、歌の途中で声がつまる、フレーズの最後まで息がもたないなどの課題を抱えている方も多いはずです。

そこでオススメしたいのが、リップロールというボイストレーニングです。リップロールには、次の3つの効果があります。

  1. はく息の量を一定にできる
  2. 自然な声量が身に付く
  3. 声帯や表情筋を脱力させる

リップロールの大まかな説明は次の通りです。

リップロールとは、唇を閉じた状態で空気をはき、唇同士を「ブルルル」と振動させるボイストレーニングです。

詳しいやり方や練習方法は、次回の記事にて説明します。

はく息の量を一定にできる

リップロールの最大の特徴は、呼気圧の最適化にあります。わかりやすく説明すると、空気のはく量、強さを一定にできるということです。

歌を歌っていると、声がつまってしまう、息が続かないために中途半端な場所で息継ぎをしてしまうなどの経験がありませんか?

これは、はく息の量を調整できてないがゆえに起きることです。しかし、心配は入りません。リップロールをすることで、息の量をきちんと調整することができます。

実際にリップロールをするとわかるとおり、はく息の量が一定でないと唇が振動し続けません。もちろん、はく息の強さも一定にする必要があります。リップロールを繰り返し練習することで、最適な呼気圧が自然と身に付くのです。

自然な声量が身に付く

先ほどは、はく息の“量”について説明しました。ここでは、はく息の“強さ”について説明します。

サビなど、自身の感情がたかぶってしまう部分というのは、ついつい声量が大きくなりがちです。このとき、呼気圧を調整できているのであれば問題ありません。しかし、のどや声帯に負担を感じる場合は、要注意です。

これは、はく息の強さを調整できてないがゆえに起きることです。本来、声量というのは、体に声を響かせることで大きくします。しかし、響かせ方が身に付いていないと、単に声を大きくすることで声量を稼いでしまいます。

このとき、必要以上の強さで空気を送り込んでしまうのです。その結果、空気の通り道であるのどの乾燥や負担につながります。自然な声量を身に付けるためにも、リップロールは重要なボイストレーニングなのです。

声帯や表情筋を脱力させる

伸びのある発声のためには、声帯や表情筋の脱力が必須です。ガチガチに緊張していては、思うように声が出ない上、最悪の場合、のどや声帯を痛める可能性もあります。リップロールを成功させたのなら、あることに気が付くはずです。それは、声帯や表情筋が脱力していることです。

実は、リップロールには、歌に必要な気管や筋、筋肉を脱力させるはたらきもあります。余計な力が入っていては、リップロールをすることもままなりません。リップロールを練習することで、歌に必要な脱力も体に覚えさせることができます。

まとめ

This is used by singer to learn lip roll.

音域の広さだけでは、歌唱力は語れません。せっかくの高音も不自然な抑揚であったり、歯切れの悪い部分で息継ぎをしていては、聴き苦しいものです。残念ながら、このような課題を抱えている方も少なくないはずです。

そこでオススメしたいのが、リップロールというボイストレーニングです。リップロールには、主に3つの効果があります。

  1. はく息の量を一定にできる
  2. 自然な声量が身に付く
  3. 声帯や表情筋を脱力させる

歌を歌う以上、息が歌声へと変わるということを忘れてはいけません。リップロールでは、息の調整に特化したボイストレーニングとなります。呼気圧を最適化することで、あなたの歌唱力をさらに向上させましょう。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*