これであなたもカラオケ上手!ビブラートを鍛える3つの練習

This image means vibrato for voice training.

ビブラートと言えば、歌の代表的なテクニックのひとつです。歌に表現力を加えるためだったり、カラオケの点数をかせぐためだったりと、様々な理由であなたも練習したことでしょう。

しかしながら、実際に歌うと上手く出せないことが多いのではないでしょうか。体が力んでしまったり、息が続かなかったりすると、ビブラートは出せません。ビブラート単体では難なくできますが、鍛えていなければ歌の中で活かすことはできないのです。

では、ビブラートを鍛えるためには、どのような練習をすればよいのでしょうか?

ビブラートをさらに鍛える3つの練習方法

歌の中でビブラートを使いこなせれば、歌の表現力が広がります。しかしながら、いざビブラートを出してみようとしても、なかなか思うように歌えません。ビブラート単体では難なく出せるにもかかわらず、流れの中だとビブラートを出せないことがよくあります。ビブラートを鍛えていなければ、歌の中で使いこなすことは難しいのです。

ビブラートを鍛えるためには、次の3つの練習が非常に有効です。

  1. 腕の振りをきっかけにして、ビブラートを保つ
  2. 指で音の振動を感じる
  3. 歌いながらビブラートを出す

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

「まだビブラートを出せない」という方は、以下の記事を参考に練習してみましょう。

腕の振りをきっかけにして、ビブラートを保つ

上手くビブラートを出せない原因のひとつとして、ビブラートがまだ体になじんでいないことが挙げられます。ここでは、前回の記事(横隔膜を刺激しろ!3ステップでできるビブラートの出し方)でも説明したように、ビブラートの出し方を体に覚えさせます。

はじめに、右腕を前に出しましょう。その姿勢を保ったまま、ロングトーンを出します。あなたの歌いやすい音や発音で構いません。その際、前に出した腕を上下に揺らします。すると、あなたの声も腕の動きに合わせて揺れるはずです。

腕を揺らしてから3秒後、腕の振りを止めましょう。しかし、ロングトーンは止めないでください。もちろん、ビブラートもです。腕の振りによりかかったビブラートを、少しでも長く保てるようにしましょう。

腕の振りを止めても、ビブラートを安定して出せるようになりましたら、腕を振る時間を徐々に短くします。3秒から2秒、1秒、最終的には腕を使わずにビブラートを出せるように仕上げましょう。

指で音の振動を感じる

ビブラートが体になじんできたのなら、次に進みます。今度は、腕の振りなどの手掛かりを使わずにビブラートを出す練習です。ビブラートが体になじんできたところを、一気に定着させましょう。

まずは、右手の人差し指を口の前にもってきましょう。口からは3cmほど離してください。その状態で、ビブラートをかけながらロングトーンを歌います。きちんとビブラートがかかっていれば、指で空気の振動を感じるはずです。

ビブラートは、一定の間隔で揺れる音の波です。具体的には、音の振動が強→弱→強→弱→…のように繰り返されます。その振動をあなたの指で感じ取ることで、ビブラートができているか確認するのです。

指で音の波を確認できない場合、まだビブラートが身についていない可能性があります。もどかしいかもしれませんが、一から丁寧に練習しましょう。

歌いながらビブラートを出す

単音でのビブラートを十分に鍛えたのなら、仕上げに入りましょう。最後は、歌の中で使いこなせるように練習します。

まずは、あなたの好きな曲を一曲用意してください。その曲の中で、ビブラートを練習するために、ワンフレーズだけ練習します。ロングトーンがあるフレーズが望ましいです。流れの中で、自然とビブラートを出せるようになるまで繰り返しましょう。

選んだフレーズで、きれいにビブラートを出せるようになりましたら、曲全体を通しで歌います。その際、先ほど選んだフレーズ以外のところでも、ビブラートをかけられるようであれば、積極的にかけていきましょう。そうすることで、効率よく練習することができます。

一曲を通して歌う場合、曲の後半になるにつれて、疲れがたまります。すると、息が続かなくなってしまい、ビブラートが安定しません。体力の配分を考え、呼吸を整えながら練習に臨みましょう。

「どうしても息がもたない」という方は、腹式呼吸ができていない可能性があります。以下の記事を参考に練習してみましょう。

まとめ

音程を上下に揺らすビブラートは、とりわけ、ロングトーンで抜群の表現力を誇ります。しかしながら、ビブラートは出せても、鍛えていなければ、簡単には使いこなせません。

歌の中でも使いこなすためには、ビブラートを鍛える必要があります。ビブラートを鍛えるためには、以下の練習がオススメです。

  1. 腕の振りをきっかけにして、ビブラートを保つ
  2. 指で音の振動を感じる
  3. 歌いながらビブラートを出す

ビブラートを完璧に使いこなせるようになれば、多くの方があなたの歌声に魅了されることでしょう。自然に出せるようになるまでは、どうしても時間がかかります。しかし、練習すれば確実に上達するのです。諦めず、丁寧に練習しましょう。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*