横隔膜を刺激しろ!3ステップでできるビブラートの出し方

This image means vibrato for voice training.

ビブラートは、歌の代表的なテクニックのひとつです。カラオケの採点項目にも設定されているため、一度は耳にする単語でしょう。ロングトーンで、きれいなビブラートを出せていると、心地よいですよね。

ビブラートを出すには、音程を上下に揺らすだけとなめてかかると痛い目にあいます。実際は、まったくかかっていなかったり、一定に揺れていないため音程を外しているように聴こえたりします。

では、ビブラートはどのようにして出すことができるのでしょうか?

※0円のボイストレーニング教室という近道

最近はボイストレーニング教室が増えているため、ビブラートを習得するにはBeeミュージックスクールのほうが早いかもしれません。

Beeミュージックスクールには無料体験レッスンがあります。かく言う私も、無料体験レッスンのおかげで歌声の悩みが解決しました。

地道に独学ボイトレに励むよりも、Beeミュージックスクールの無料体験を利用するほうが近道かもしれませんよ。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

たったの3ステップでできるビブラートの出し方

He is learning vibrato for voice training.

歌の代表的なテクニックのひとつとして、ビブラートがあります。あなたもカラオケで採点するときに、目にしたことがあるでしょう。

このビブラート、単に音程を上下にすれば出せると思っていると、痛い目にあいます。実際は、まったく出せていなかったり、一定に揺れないため音程を外しているように聴こえたりします。

では、ビブラートを出すにはどうすればよいのでしょうか?それは、以下の練習をすることで出せるようになります。

  1. 手でお腹を押すことで、横隔膜を刺激する
  2. 腕を上下に振ることで、ビブラートを出す
  3. 腕の振りをきっかけにして、ビブラートを保つ

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

手でお腹を押すことで、横隔膜を刺激する

ビブラートの出し方には、いくつかの説があります。その説の中に、横隔膜を使ったビブラートの出し方があります。聴いて分かるとおり、ビブラートは空気の波です。この波をつくっているのが、横隔膜となります。横隔膜が、肺の空気を一定の間隔で押し出すことによって、空気の波が生まれます。

ここでは、ビブラートの出し方を身に付ける取り掛かりとして、ビブラートを出す感覚をつかみましょう。

では、具体的な練習に入ります。はじめに、左手で握りこぶしをつくってください。次に、つくった握りこぶしをお腹の上に置きましょう。準備ができたら、ロングトーンを出します。発音や音程は、あなたの好きなようにして構いません。ロングトーンを出しながら、右手で左手を一定の間隔で押します。すると、右手で押したタイミングに合わせて、声が揺れるはずです。これが、ビブラートを出す感覚となります。

はじめは、長めの間隔でも構いません。慣れてくると徐々に速くなってきます。“一定の間隔”ということを忘れずに、タイミングよく押しましょう。

コツとしては、腹式呼吸をすることです。ここでの練習は、お腹を押すことで、横隔膜を刺激します。そのため、横隔膜が活性化されているほうが、より効率よく練習を進めることができます。まだ、腹式呼吸を身に付けていないという方は、以下の記事を参考に、練習してみましょう。

腕を上下に振ることで、ビブラートを出す

ビブラートの出し方の糸口をつかんだところで、次に進みます。今度は、横隔膜の刺激なしで、ビブラートを出す練習をします。

はじめに、右腕を前に出しましょう。その姿勢を保ったまま、先ほどと同様にロングトーンを出します。その際、前に出した腕を上下に揺らします。すると、腕の揺れに合わせて、あなたの声も揺れるはずです。

こちらも、はじめはゆっくりな波になるはずです。しかしながら、焦る必要はありません。何度も繰り返して練習するうちに、波の間隔が短くなります。コツコツと練習することで、あなたの体にビブラートをなじませていきましょう。

腕の振りをきっかけとして、ビブラートを出す

ビブラートが体になじんできたら、次に進みます。今度は、ビブラートの出し方を体に覚えさせる練習です。今のままですと、ビブラートを出すためにお腹を押したり、腕を揺らしたりする必要がありますね。ビブラートを出すために、毎回そのような動作をしていては、歌の中で使いものになりません。ここでは、なんの動作をしなくともビブラートを出せるように練習します。

では、具体的な練習方法です。まずは、先ほどと同様に腕を上下に揺らしながら、ロングトーンを出します。ロングトーンを出した3秒後、腕の振りを止めます。しかし、ロングトーンは止めないで下さい。もちろん、ビブラートもです。腕の振りによりかかったビブラートを、少しでも長く保てるようにしましょう。

腕の振りを止めても、ビブラートを安定して出せるようになりましたら、腕を振る時間を徐々に短くします。3秒から2秒、1秒、最終的には腕を使わずにビブラートを出せるように仕上げましょう。

コツとしては、吐く息の量を一定にすることです。ロングトーンの後半になるにつれて、息苦しくなってきます。その際、無理に音を出そうとすると、体が力んでしまいます。そのため、横隔膜を十分に活用することができません。息苦しさを感じる前に、ロングトーンを止めてよいので、一定の息を保ちましょう。

また、ビブラートの波を一定にすることも忘れないでくださいね。

まとめ

ビブラートといえば、ほとんどの方が耳にした事のある歌のテクニックです。ロングトーンで、見事にビブラートを出せていると、思わず聴き入ってしまいます。しかし、ビブラートを自分で出すとなると話は別です。いざ出そうと意気込んでも、音程が一定に揺れないため音を外しているように聴こえたりします。

このビブラートを出すには、以下の練習が非常に有効です。

  1. 手でお腹を押すことで、横隔膜を刺激する
  2. 腕を上下に振ることで、ビブラートを出す
  3. 腕の振りをきっかけとして、ビブラートを保つ

ビブラートの出し方を覚えると、歌の表現力がさらに広がります。今まで、平凡だったロングトーンも聴き違えるような歌声に変貌するでしょう。次回は、ビブラートをさらに鍛えるための練習を紹介します。

>> Beeミュージックスクールの無料体験レッスンはこちら

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*