ボイパは自己中が多い?わずか1ヶ月で劇的に上達する4つの練習術

He is playing voice percussion.

あなたのボイスパーカッション(以下ボイパ)は、独りよがりな演奏になっていませんか?

音色やリズムパターンだけを追求していては、個人技の域を脱せません。実は、ボイパを始めたころの私もそうでした。

このページでは、そんな私が独りよがりなボイパを脱するために練習した、「1ヶ月で劇的に上達する4つのボイパ練習術」を紹介します。個人の技術を伸ばすような練習ではなく、ボイパとしてまわりを引っ張るための練習です。

このページの内容を読み実践すれば、アカペラの質の向上にも役に立ちますので、ぜひ参考にしてください。

わずか1ヶ月で劇的に上達する4つのボイパ練習術

This computer is used by people to learn voice percussion tutorial.

このページで紹介する練習は、以下の4つのステップで構成されます。

  1. ベースを聴く
  2. コーラスを聴く
  3. リードを聴く
  4. まわりの音を聴きながらボイパを調整する

それでは、ひとつずつ紹介します。

ベースを聴く

ベースとボイパがリズム隊と称されるように、曲のリズムやグルーヴをつくるには、ベースとの協力が不可欠です。にもかかわらず、まるで個人戦かのように好き勝手演奏するボイパが目立ちます。

このような演奏を続けていては、いつまでたっても独りよがりなボイパから脱却できません。リズムやグルーヴをつくるには、ベースとの協力が必要であることを肝に銘じてください。

参考として、私が心がけていることを以下にまとめます。

  • 拍の頭は合っているか?
  • リズムを崩していないか?
  • 息継ぎのタイミングを合わせているか?または補えているか?
  • アタック音は適切か?
  • 互いのパートを把握しているか?
  • 声質に合った音か?
  • リズムの取り方は同じか?
  • グルーヴをつくれているか?

コーラスを聴く

ボイパを演奏するときに、ベースだけを聴けばよいわけではありません。コーラスもアカペラを形作る重要なパートです。リズム隊が息の合った演奏をできても、コーラスを聴けていなければ、リズム隊とコーラスとで一体感が生まれません。ボイパとしてまわりを引っ張るためにも、コーラスはなにをどのようにして歌っているのか耳を傾けましょう。

参考として、私が心がけていることを以下にまとめます。

  • 拍の頭は合っているか?
  • 音を切るタイミングは合っているか?
  • 全員が同じ動きか?または別々の動きか?
  • テンポは合っているか?
  • 音量は適切か?
  • リズムの取り方は同じか?
  • グルーヴを共有できているか?

リードを聴く

リードが気持ちよく歌える条件は、なんでしょう?

人により回答が異なりますが、大部分の人は「曲がノリやすい」と答えるでしょう。裏を返せば、リードが思うように歌えてないということは、ノリやすい曲になっていないということです。リードを聴くことで、あなたのボイパがまわりを引っ張れているか確認しましょう。

参考として、私が心がけていることを以下にまとめます。

  • 歌いだしのタイミングは適切か?
  • フレーズが途切れていないか?
  • 抑揚があるか?
  • テンポは合っているか?
  • リードだけ浮いてないか?
  • リズムの取り方は同じか?
  • グルーヴを共有できているか?

まわりの音を聴きながらボイパを調整する

独りよがりなボイパとなる一番の原因は、まわりの音を聴けていないことです。これまでの練習でリードやコーラス、ベースを聴いたのは、まわりの音を聴きながらボイパをするためであると言っても過言ではありません。各パートの音を聴いてフィードバックしながら、ボイパを調整しましょう。

以下にチェック項目をまとめたので、参考にしてください。

  • ベースを聴く→グルーヴをつくれているか?
  • コーラスを聴く→グルーヴを共有できているか?
  • リードを聴く→ノリのよい曲になっているか?

まとめ

the note for voice percussion tutorial

このページでは、1ヶ月で劇的に上達する4つのボイパ練習術を紹介しました。

  1. ベースを聴く
  2. コーラスを聴く
  3. リードを聴く
  4. まわりの音を聴きながらボイパを調整する

このページで紹介した練習は、一見するとボイパの上達には遠回りと思える内容です。しかし、聴く耳を鍛えていなければ、ひとりで突っ走るようなボイパしかできません。本来、ボイパとはリズムキープにとどまらず、まわりを引っ張らなければなりません。

あなたがボイパとして本当に上達したいのであれば、個人の技術に固執するのではなく、まわりの音に耳を傾けてみましょう。

ここで紹介した練習のほかにも、ボイパとして上達するための練習方法を以下の記事にまとめております。こちらも合わせてご覧ください。

こちらの記事も読まれてます

Sponsored

アカペラ編曲家によるアカペラ楽譜のオーダーメイド

She is writing a cappella score.

Groovy grooveでは、誰よりもお客様目線で、どこよりも手間暇かけて、アカペラ楽譜を制作いたします。

アカペラのボイスパーカッション(ボイパ)をしているあなたは、自身の演奏に物足りなさを感じていませんか?この原因は、もしかするとあなたが演奏している楽譜にあるかもしれません。

ベースラインが単調すぎる
コーラスがロングトーンしか歌わないため、リズムを感じにくい
ボイパを考えた楽譜にアレンジされていない

など、楽譜のアレンジから、あなたの演奏を改善することができます。各パートがお互いにかみ合ったアレンジは、あなたの実力を存分に発揮させるでしょう。

アカペラ楽譜制作のご依頼の相談は、無料にてご案内しております。詳しくは、以下のボタンよりお進みください。

詳しく見る

SNSでもご購読できます。

Sponsored

コメントを残す

*